KADOKAWA Technology Review
×

生命の再定義 2022年12月の記事

  1. Babies spend most of their time asleep. New technologies are beginning to reveal why
    1日のほとんどを睡眠に費やす赤ちゃん、脳では何が起きているのか
    新生児はなぜ、それほど長い睡眠を必要とするのか。新たなツールは、急速に発達する新生児の脳の中で何が起きているのかを明らかにするのに役立つかもしれない。 by Jessica Hamzelou2022.12.30
  2. 死後に子孫を残す、「性細胞提供カード」が必要になる日
    亡くなった人から採取した精子や卵子を使って子どもを作ることができる。だが、死後の人物がその意志を示すことはできない。どのようにすべきだろうか。 by Jessica Hamzelou2022.12.27
  3. 本当は何歳? 記者が生物学的年齢を調べてもらった結果
    生物学的年齢は、健康寿命があと何年残っているのかを示す手がかりを与えてくれるものだ。野菜中心の食生活を送り、定期的にヨガに勤しんでいる記者は、平均的な人よりも生物学的年齢が若いと信じていた。ところが検査の結果は意外なものだった。 by Jessica Hamzelou2022.12.26
  4. 世界最古のDNAの分析に成功、200万年前の生態系が明らかに
    デンマークの研究チームは、グリーンランドの凍土からDNAを取り出し、マストドンや魚、植物を含む、200万年前の現地の生態系全体を把握することに成功した。 by Antonio Regalado2022.12.21
  5. 科学者たちは近いうちに、ヒトの皮膚や血液の細胞から卵子や精子を作れるようになるかもしれない。子どもを授かるための新しい方法になるとの歓迎する声もある一方、それが将来どのような意味を持つのか? 議論すべき点は多い。 by Jessica Hamzelou2022.12.12
  6. This toddler is the first to have been treated for her disease before she was born
    遺伝子疾患を持つ胎児に出生前治療、倫理的問題点は?
    遺伝子疾患を持つ胎児を対象とした治療の症例が報告された。治療開始を早めることで、やがて子どもへと成長する胎児のQOLを改善できる可能性を高めらるのが狙いだ。胎児に実験的治療を試すことには倫理的課題は何か? by Jessica Hamzelou2022.12.8
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る