KADOKAWA Technology Review
×

生命の再定義 2023年1月の記事

  1. Next up for CRISPR: Gene editing for the masses?
    遺伝子編集ツール「CRISPR(クリスパー)」を利用した治療法が2022年、大きな一歩を踏み出した。遺伝子編集技術を利用した治療法は、このまま一般に普及していくのだろうか。 by Jessica Hamzelou2023.1.31
  2. 時差ぼけ、夜勤——概日時計の狂いを調整する薬は実現するか?
    ヒトの身体は、大まかに24時間周期のリズムに従って動いている。24時間周期のリズムを作り出すのが「概日時計」だ。概日時計を薬で調節できたら、シフト勤務や時差ぼけでリズムを崩しやすい人々にとって朗報となるだろう。 by Jessica Hamzelou2023.1.24
  3. ワニの遺伝子を組み込んだ「CRISPRナマズ」が米国で誕生
    遺伝子編集によってワニの遺伝子を組み込んだ「CRISPRナマズ」が米国で誕生した。病気への抵抗力が高く、養殖における死亡率を下げ、廃棄量を減らせる可能性があるという。by Jessica Hamzelou2023.1.20
  4. 「腸内細菌の生態系」は健康や長寿にどう影響するのか?
    マイクロバイオームの変化は、さまざまな病気に関連しているとされる。腸内細菌の生態系を整えることは、加齢に伴う病気を防ぐのに役立つのだろうか。 by Jessica Hamzelou2023.1.14
  5. マリファナ常用者の中には、大麻の過剰摂取によって嘔吐を繰り返してしまう「カンナビノイド悪阻症候群」に苦しむ人がいる。ある科学者が、この病の原因となる遺伝子を探求し始めた。大麻インフルエンサーに協力してもらおうと考えたが、些細な行き違いから研究は暗礁に乗り上げそうになっている。 by Amanda Chicago Lewis2023.1.12
  6. What’s next for mRNA vaccines
    メッセンジャーRNAワクチンは、新型コロナウイルスのパンデミックを乗り切る上で欠かせないものだった。しかしmRNAの可能性はそれだけではない。他の多くの感染症に対応するワクチンや、あらゆるインフルエンザから人体を守るワクチン、さらにはがんの治療に役立つワクチンも開発できる可能性がある。 by Jessica Hamzelou2023.1.11
  7. Can we find ways to live beyond 100? Millionaires are betting on it.
    セレブ限定「抗老化」会議に参加した記者が得たシンプルな結論
    記者はスイス・アルプスの高級リゾート地で開かれた「長寿投資家会議」に参加した。研究者や起業家、投資家らが参加し、人間の寿命を延ばす方法について研究成果が発表された。しかし、老化に対抗する確実な技術は今のところ存在しない。 by Jessica Hamzelou2023.1.10
  8. How scientists want to make you young again
    山中伸弥教授らによる「山中因子」の発見をきっかけとして、老化した身体の「若返り」を追求する試みが世界中でなされている。「人間は200歳まで生きられる」と主張する研究者もいる最前線を追った。by Antonio Regalado2023.1.7
  9. Inside the billion-dollar meeting for the mega-rich who want to live forever
    最低でも1000万ドルを投資する用意がある人だけが参加できるという、抗老化(アンチエイジング)カンファレンスが2022年9月末にスイスで開かれた。学術的成果を挙げている科学者、誇大広告を振りかざす人物などが入り乱れた様子をレポートする。 by Jessica Hamzelou2023.1.5
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る