KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

極右系SNS「Gab」が停止、ユダヤ教礼拝所の銃撃犯も書き込み A far-right social network called Gab has been pulled offline after the Pittsburgh shooting

極右系SNS「Gab」が停止、ユダヤ教礼拝所の銃撃犯も書き込み

米国の極右派に好まれ、10月27日にピッツバーグのユダヤ教礼拝所で11人を射殺した犯人も利用していたソーシャルネットワーク「ギャブ(Gab)」が、サーバーをホスティングしていたゴーダディ(GoDaddy)から別のプロバイダーへ24時間以内に移行するよう通告を受け、その後サービスを停止した。

半自動小銃でユダヤ教の礼拝所を襲撃したロバート・バウアーズ容疑者は、事件の数日前にギャブで反ユダヤ主義的なメッセージを投稿していた。ペイパル(Paypal)、ミディアム(Medium)、ストライプ(Stripe)といったテック企業が10月28日に支援を撤回。以降、ギャブはサービスを停止している。アップル、グーグル、マイクロソフトもそれぞれのプラットフォームからギャブを削除する措置を取った。

ギャブはテック系の起業家であるアンドリュー・トーバが2年前に開設し、なんでもありの「言論の自由」のソーシャルネットワークを謳っていた。ギャブは、フェイスブックやツイッターといった主流のネットワークによる、反保守的な思想への偏向に対するトーバの不満から生まれた。

だが開設から間もなく、ギャブは他のソーシャルネットワークの利用を禁じられたアレックス・ジョーンズやリチャード・スペンサーといった極右から人気を集めるようになった。ギャブは、ヘイトスピーチの氾濫を防ぐための、十分な対策をしていないとして批判を受けていた。

ギャブがどの程度の期間、サービスを停止するのかは不明だ。ギャブは現在「攻撃を受けて」おり、「システム運用のためのプラットフォームを失った状態」だというメッセージを掲載している。また、新たなホスティング・プロバイダーを見つけるまで、一定期間はアクセスできないとしている。

charlotte.jee [Charlotte Jee] 2018.10.30, 11:09
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る