KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

米FAAがドローンの規制緩和案を発表、人口密集地や夜間の飛行も A relaxation of US rules will let drones fly at night and over people

米FAAがドローンの規制緩和案を発表、人口密集地や夜間の飛行も

米国航空規制当局は、ドローンに関する規則を緩和し、特別な許可がなくてもドローンが人口密集地の上空や夜間に飛行できるように提案している

1月14日、イレーン・チャオ運輸長官はワシントンでの演説で、米国連邦航空局 (FAA)が立案した新しい提案に基づき、「一定の条件が満たされれば、例外規定の適用がなくてもドローンが一晩中、住民が住んでいる上空の飛行を許可する」計画を発表した。米国には約130万機のドローンと11万6000人以上のドローン操縦者が登録されていると、チャオ運輸長官は述べた。

またチャオ運輸長官は、高度122メートル以下を飛行するドローン向けの交通管理システムを開発するパイロット・プログラムも発表した。2019年9月までに、ネバダ州、バージニア州、ノースダコタ州の3カ所で実施する予定だ。

FAAによる提案は、ドローンの侵入により英国の2つの主要な空港が混乱したことを受け、英国政府がドローン関連法の強化を計画している最中に発表された。

アマゾンやグーグルのようなテック企業は、ドローンで荷物を配達するプロジェクトに取り組んでおり、FAAはイノベーションを抑制することなく、リスクを軽減することが課題だと述べている。規制環境がリスク回避型に偏重していると考えるFAAは、規則緩和による実験の促進を期待している。

シャーロット・ジー [Charlotte Jee] 2019.01.16, 19:00
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る