KADOKAWA Technology Review
×
キヤノン電子・酒巻社長の講演が決定!
MITTR主催「宇宙ビジネスの時代」お得な【早割】は11/15まで。

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

アルファベット、米国で商用ドローン配達を年内開始へ
AP
Alphabet’s drone spinoff has been cleared to launch deliveries in the US

アルファベット、米国で商用ドローン配達を年内開始へ

アルファベットのドローン部門のスピンオフ企業であるウィング(Wing)は、米国連邦航空局 (FAA)から航空運送事業者の認可を受けた。これにより、ウィングは、地域の事業者から家庭へ商品を配達する商用サービスを開始できることになる。

とても小さな規模ではものの、ウィングはすでに4月上旬に同様のサービスをオーストラリアで開始している。FAAの認可が降りたことで、ウィングは今年後半にも米国内で配達サービスを開始する計画だ。開始時のサービス地域はバージニア州のブラックスバーグとクリスチャンバーグの2つのエリアである。ウィングはここ数カ月、これらの場所で運行試験を実施してきた。

これは米国初の商用ドローン配送サービスなのだろうか? 鋭い読者は、3月にUPSが医療サンプルを配送する商用サービスを開始した主張を思い出して混乱してしまうかもしれない。ウィングのサービスはUPSとは異なり、より大規模かつ一般消費者向けのサービスになっている。

シャーロット・ジー [Charlotte Jee] 2019.05.03, 9:28
宇宙ビジネスの時代

かつて国家主導だった宇宙開発がいま、大きく変化している。テクノロジーの進化とリスクマネーの流入によって民間企業による宇宙開発が加速し、自社の事業拡大に宇宙を活用しようとする「非宇宙」企業やベンチャー企業の動きも活発だ。いまなぜ「宇宙」なのか? そのヒントとなる記事を集めた。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る