KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

「もう自動運転には乗りたくない」、ウーバー死亡事故で信頼失墜
Berkah Studio | The Noun Project
Americans really don’t trust self-driving cars

「もう自動運転には乗りたくない」、ウーバー死亡事故で信頼失墜

3月に起こったウーバーの自動運転車による死亡事故の直後にアメリカ自動車協会(AAA)が実施したサーベイ調査により、自律型自動車に乗るのを恐れている米国人は73%に達し、2017年末の63%から増加したことが明らかになった。

調査の結果には世代間のギャップが見受けられる。信頼度が最も低下したのはミレニアル世代(1980年以降に生まれた世代)で、自動運転の車に乗らないと答えた人は49%から64%に増加した。年配世代は彼ら以上に恐れている。ベビーブーム世代の71%、ジェネレーションX(1960年代初頭または半ばから1970年代に生まれた世代)の68%が自動運転車は安全ではないと感じている。

一方で、そういった懸念にも関わらず、調査に回答したドライバーの半数以上が、次に乗る車は「半自動運転技術」を搭載したものが欲しいとしている。

毎年3万人以上の米国人が交通事故で死亡している。自動運転車にはこの数字を大幅に下げる可能性があるが、それにはまず、人々が乗りたがらなければならない。

jackie.snow [Jackie Snow] 2018.05.23, 10:28
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る