KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

ボーイング、自律型電動飛行機の試験飛行に成功
Boeing
Boeing’s electric autonomous passenger air vehicle just had its first flight

ボーイング、自律型電動飛行機の試験飛行に成功

ボーイングはバージニア州マナサスの空港で、パイロットが搭乗しない自律型電動旅客航空輸送機の初の試験飛行を終えた。

全長約9メートルの飛行機は垂直に離陸し、1分弱ホバリングした。ボーイングによると、自律機能と地上での制御方式の試験が目的だという。この航空機の飛行距離は最長80.5キロメートルで、都市と都市を結ぶ短時間飛行を前提に設計されている。現在のところ商用の電動航空機は存在しないため、最大のイノベーションはその電動推進システムにある。

ただし、これは「空飛ぶ車」ではない。「空飛ぶ車」はよく使われる表現だが、誤解を招く。ボーイングの電動航空機は路上走行から飛行へと移行できないからだ。ヘリコプターとプロペラ機を合わせたようなものだが、なんと呼べばよいのか誰も思い浮かばないようだ。「旅客航空輸送機」も今ひとつしっくりこない。

ボーイングは今後、固定翼飛行に加えて、垂直モードから前進モードへの移行を試験する予定で、「意義のある工学的な挑戦」になるだろうと述べている。ボーイングはエアバスウーバー(Uber)などとともに、自律飛行の開発に取り組んでいる企業の1つだが、どのような市場に狙いを定めているのか、まだはっきりとしない。とはいえ、富裕層のためのおもちゃにはとどまらないだろう。

シャーロット・ジー [Charlotte Jee] 2019.01.25, 9:54
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る