KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

心臓の鼓動で充電、電池交換不要の「未来のペースメーカー」 Future pacemakers could be charged by our heartbeats rather than batteries

心臓の鼓動で充電、電池交換不要の「未来のペースメーカー」

心臓の拍動(心拍)のエネルギーで、心臓ペースメーカーの電池を充電できるようになる。

世界中で年間約100万人が、心拍を正常なリズムに保てるようにペースメーカーの埋め込み手術を受けている。しかし、ペースメーカーの電池の寿命には限りがあるため、ペースメーカーを入れている人々は、5年から10年単位で電池を取り換える手術を受けなければならない。

小さなデバイスをペースメーカーに追加することにより、心拍の運動エネルギーを電気に変換し、電池を充電し続けられるようになる。動きを電気に変える一片の薄いポリマーを、既存のペースメーカーに加えるという。新研究は『アドバンスト・マテリアル・テクノロジーズ(Advanced Materials Technologies)』で発表された。

現在、最初のステップとなる動物実験を終えたばかりだ。研究チームは、この変更を加えたペースメーカーを今後5年以内に人間に使用できるようにしたいとしている。

シャーロット・ジー [Charlotte Jee] 2019.02.07, 7:09
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る