KADOKAWA Technology Review
×
キヤノン電子・酒巻社長の講演が決定!
MITTR主催「宇宙ビジネスの時代」 チケット販売中。

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

グーグルがプライバシー保護強化を発表、クッキーの制限など
Associated Press
Google has promised to make it easier to protect your privacy

グーグルがプライバシー保護強化を発表、クッキーの制限など

開発者向けの年次会議「グーグルI/O」で、グーグルは新たなプライバシー保護機能をいくつか発表した。発表の骨子は次の通りだ。

  • 地図アプリとスマホの検索バーに「匿名モード」を追加する。これによって、これらのサービス内でのユーザーの履歴が保存されなくなる
  • 新たな「自動消去」機能では、グーグルがユーザーの履歴を保存する期間に期限を設定できる
  • プライバシー設定へのアクセスをもっと容易にし、プロフィール画像からすぐにアクセスできるようにする
  • 誰もが対象となっているオンライン上でのトラッキングを減らす対策の一環として、クッキー(Cookie)の使用を制限する

グーグルI/Oでは、人々の生活をもっと便利にし、利用しやすくするための新たな製品も多く発表された。ユーザーが選択したどんな動画や音声にでもリアルタイムで字幕を付け加えられる「ライブ・キャプション」、ユーザーの音声による命令で、映画のチケットなどを自動的にWeb予約する「デュープレックス」 などだ。

グーグルはまた、折り畳み式スマホの開発計画についても明らかにした(折り畳みスマホの発売延期を発表したサムスンよりもうまくいくことを祈っているに違いない)。

奇妙なことにグーグルは言及しなかったが、利便性とプライバシーの間には避けられないトレードオフがある。デュープレックスなどのグーグル製品の多くは、ユーザーから大量のデータを集めることで初めて最大限に機能する。グーグルがユーザーのデータを貪欲に収集していることについて不平をこぼしたところで、ほとんどの人にはなすすべがないのだ。

グーグルの新機能は、収集される私たちのデータを減らせるという点では意義深いかもしれない。しかし、どれだけの人がそれらの機能を実際に利用するだろうか?それほど多くはないだろうし、自社のビジネスモデルを維持するために、グーグルがそれをあてにしているのは間違いない。

シャーロット・ジー [Charlotte Jee] 2019.05.09, 16:11
宇宙ビジネスの時代

かつて国家主導だった宇宙開発がいま、大きく変化している。テクノロジーの進化とリスクマネーの流入によって民間企業による宇宙開発が加速し、自社の事業拡大に宇宙を活用しようとする「非宇宙」企業やベンチャー企業の動きも活発だ。いまなぜ「宇宙」なのか? そのヒントとなる記事を集めた。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る