KADOKAWA Technology Review
×
キヤノン電子・酒巻社長の講演が決定!
MITTR主催「宇宙ビジネスの時代」 チケット販売中。

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

米国防総省の100億ドル「ジェダイ」契約、マイクロソフトが落札
-
Microsoft has beaten Amazon to the Pentagon’s $10 billion cloud computing contract

米国防総省の100億ドル「ジェダイ」契約、マイクロソフトが落札

米国防総省は10月25日、クラウド・コンピューティング・システムを一新するため、今後10年間で100億ドル規模の契約をマイクロソフトと結ぶと発表した。

防衛基盤統合事業(Joint Enterprise Defense Infrastructure:JEDI、ジェダイ)と呼ばれる新しい契約の15カ月にわたる入札プロセスでは、アマゾンが最有力候補と見られていた(入札には両社のほかオラクルとIBMが参加していた)。ガートナー(Gartner)によると、クラウド・コンピューティング市場におけるマイクロソフトのシェアは17%なのに対して、アマゾンのシェアは約48%であり、政府事業に必要な高レベルの機密取り扱い許可も保持している。

ドナルド・トランプ大統領は、アマゾンが落札する可能性について繰り返し公然と批判してきた(どうやらトランプ大統領はアマゾンと同社のジェフ・ベゾスCEO(最高経営責任者)に対する復讐劇の真っただ中にいるようだ)。またジェームズ・マティス前国防長官のスピーチライターは、トランプ大統領がアマゾンを今回の契約から締め出すよう介入したとワシントン・ポスト紙に証言した。

ジェダイの狙いは、国防総省のテクノロジー・スタックを更新し、複雑な数十年来の古いコンピューター・ネットワークを単一のクラウド・コンピューティング・システムに置き換えることにある。マイクロソフトはデータ分析サービスを提供するほか、軍事機密情報のホスティング、メールやカレンダーなどの国防総省のシステムをオフィス365のソフトウェアへ切り替える。マイクロソフトにとっては大きな成果だが、同社従業員の間ではある種の緊張を引き起こすかもしれない。

入札プロセスへの政治的介入の可能性に対するいくつかの訴えと莫大な契約金額を考えると、アマゾンが今後、異議申し立てをする可能性もある。

シャーロット・ジー [Charlotte Jee] 2019.10.29, 10:51
宇宙ビジネスの時代

かつて国家主導だった宇宙開発がいま、大きく変化している。テクノロジーの進化とリスクマネーの流入によって民間企業による宇宙開発が加速し、自社の事業拡大に宇宙を活用しようとする「非宇宙」企業やベンチャー企業の動きも活発だ。いまなぜ「宇宙」なのか? そのヒントとなる記事を集めた。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る