KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

ウーバーとリフトのドライバーの手取りはわずか時給3.37ドル Seriously, how are Uber and Lyft drivers surviving?

ウーバーとリフトのドライバーの手取りはわずか時給3.37ドル

時給3.37ドル。新しい調査によると、これが配車サービスのドライバーの平均的な手取り額である。

調査は、配車サービスの大手であるウーバー(Uber)とリフト(Lyft)の米国内ドライバー1100人を対象に実施された。その結果、経費を差し引くと74%のドライバーの収入が最低賃金を下回っていることが分かった

半数近くのドライバーは、収入があまりにも少なすぎるため、実際に納税申告で損失を報告できる。「このビジネスモデルは今のところ持続可能ではありません」 と、調査を指導したスタンフォード大学の研究者、スティーブン・ゾープ博士は ガーディアン(Guardian)に語った。「ウーバーやリフトは赤字なのです。ドライバーが非常に低い賃金で働くことで、会社を実質的に援助しているのです」。

男女間格差も問題である。MITテクノロジーレビューでも最近報じたように、ウーバーの女性ドライバーの待遇はさらにひどい。会社の支払いシステムにおけるドライバー評価方式が原因で、女性ドライバーは一貫して男性よりも手取り額が少ないのだ

マイケル レイリー [Michael Reilly] 2018.03.04, 7:05
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る