KADOKAWA Technology Review
×
キヤノン電子・酒巻社長の講演が決定!
MITTR主催「宇宙ビジネスの時代」 チケット販売中。

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

 スペースX、ファルコンヘビーの全ブースターの着陸に初成功
SpaceX | Flickr
SpaceX has managed to land Falcon Heavy’s three rocket boosters for the first time

スペースX、ファルコンヘビーの全ブースターの着陸に初成功

ファルコンヘビー(Falcon Heavy)の着陸成功は、昨年の同様の試みが悲惨な結果に終わったスペースXにとって、ほっとする出来事となった。

フロリダの米航空宇宙局(NASA)のケネディ宇宙センターから4月11日、、ファルコンヘビー・ロケットの第2回目の打ち上げが実施された。その後間もなくして、ロケットの3つのブースターが地球に戻り、無事に着陸した。そのうち2機は、ほぼ同時にケープ・カナベラルに着陸した(こちらから動画を視聴できる)。もっとも高い軌道に上がった3番目の中央ブースターは、大西洋上の船のプラットフォームに着陸した。

最大の偉業は、3機目のブースターが無事に着陸したことだ。スペースXが2018年にファルコンヘビーを発射したときには、3機目のブースターは時速480キロメートルで海に墜落してしまった

ブースターが無事に着陸できるかどうかは、ロケットの再利用性に関する重要な問題だ。再利用性は、宇宙旅行のコストを下げるというスペースXの計画の中核を成すものだ。

シャーロット・ジー [Charlotte Jee] 2019.04.16, 5:34
宇宙ビジネスの時代

かつて国家主導だった宇宙開発がいま、大きく変化している。テクノロジーの進化とリスクマネーの流入によって民間企業による宇宙開発が加速し、自社の事業拡大に宇宙を活用しようとする「非宇宙」企業やベンチャー企業の動きも活発だ。いまなぜ「宇宙」なのか? そのヒントとなる記事を集めた。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る