KADOKAWA Technology Review
×
キヤノン電子・酒巻社長の講演が決定!
MITTR主催「宇宙ビジネスの時代」 チケット販売中。

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

UPSが米国でドローンの商用配送を開始、医療機関向け
UPS
The first commercial drone delivery scheme in the US is already flying

UPSが米国でドローンの商用配送を開始、医療機関向け

米総合物流最大手のUPS(United Parcel Service of America)は、マターネット(Matternet)のドローンを活用した医療検査物の配送を米国内で開始した。

ドローンによる医療検査物の配送は、ノースカロライナ州ローリーのウェークメド病院と検査機関との間で実施されている。初フライトは3月26日で、現在は1日に10回ほど飛び回っている。米国連邦航空局 (FAA)に認可された商用ドローン配送スキームとしては初の試みで、今回のスキームが成功すれば、定期運用に向けた動きが高まる可能性がある。

ドローンの航続距離は約20キロメートル。最大約2.3キログラムの荷物を積んで飛行できる。プロジェクト用に設定されたルートに沿って自律飛行するが、不測の事態に備えて人間のパイロットが飛行状況を監視する。

現在、医療検査物のほとんどは自動車によって運ばれている。計画によって、病院周辺の交通量の減少や、コストの削減にドローンを活用することが期待されている。医療検査物の運搬は、まだ初期段階にあるドローン配達の説得力のある用途の1つだ(マターネットのドローンはルワンダやスイスで血液供給のために使われている)。そのほかの用途が商用化されるには、まだ時間がかかりそうだ

シャーロット・ジー [Charlotte Jee] 2019.04.04, 6:56
宇宙ビジネスの時代

かつて国家主導だった宇宙開発がいま、大きく変化している。テクノロジーの進化とリスクマネーの流入によって民間企業による宇宙開発が加速し、自社の事業拡大に宇宙を活用しようとする「非宇宙」企業やベンチャー企業の動きも活発だ。いまなぜ「宇宙」なのか? そのヒントとなる記事を集めた。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る