KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

英国政府、5Gでファーウェイ製品を完全排除せず
AP
The UK will let Huawei build parts of its 5G networks—despite US pressure

英国政府、5Gでファーウェイ製品を完全排除せず

英国政府は、5Gネットワークの構築におけるファーウェイ(Huawei)製品の使用を認める方針だが、「機微な部分」での機器の提供は禁止する予定だ。

発表された声明によると、ファーウェイは「最重要国家基盤(Critical National Infrastructure)」における安全性関連および安全性が最重要視されるネットワークからは排除される。ファーウェイが提供を許可されるのは、電波塔やアンテナといった周辺機器の35%だけとなり、核施設や軍事基地のような機密性の高い施設での使用は禁止される。

英国政府は、米国や英国内の一部政治家および安全保障の専門家から、国家安全保障上の懸念を理由に、5Gネットワークからファーウェイを完全排除するよう圧力を受けてきた。だが中国もまた、ファーウェイが完全に排除された場合、貿易および投資において莫大な影響が出ると警告している。現在までにファーウェイが顧客にスパイ行為をした証拠はなく、またスパイ行為を命じられた場合もファーウェイは拒否すると述べている。だが、懸念されているのは、中国政府から今後圧力を受ける可能性があるのではないか、ということだ。また、米国およびオーストラリアのサイバーセキュリティ責任者らは、今後5Gネットワークにおけるコアと周辺の違いは無くなり、両者の区別はほとんど意味をなさなくなると主張している。

英国政府が直面している問題の1つは、ファーウェイのほかに安価な代替品がなく、英国の多くの主要通信事業者がファーウェイの5G機器を購入してしまっていることだ。もしファーウェイを排除すれば、5Gネットワークをゼロから構築しなおさなければならなくなる。

これまで世界中の同盟国に対して、5Gネットワークからファーウェイを排除するよう圧力をかけてきたトランプ政権からは、強烈な反応が予想される。元米下院議長のニュート・ギングリッチは、英国の決定は「米国にとって大きな敗北」であり、米国が「インターネットにおいて中国に遅れを取っている」ことをより一層示しているとツイートしている

シャーロット・ジー [Charlotte Jee] 2020.01.30, 15:31
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る