KADOKAWA Technology Review
×
キヤノン電子・酒巻社長の講演が決定!
MITTR主催「宇宙ビジネスの時代」 チケット販売中。

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

世界最大級の航空機「ストラトローンチ 」が初飛行に成功
Stratolaunch
The world’s biggest airplane has taken its first flight

世界最大級の航空機「ストラトローンチ 」が初飛行に成功

最終的に人工衛星の発射台としての活用を目指すストラトローンチ(Stratolaunch)は、地上からロケットを打ち上げるよりも安く宇宙に物体を運べるようになるのだろうか。

この双胴機は6つのエンジンを搭載しており、2機の中古のボーイング製ジェット機から作られている。4月13日の初飛行では、カリフォルニア州モハベ砂漠上空を2時間半飛行。ストラトローンチ・システムズによると、地上約4600メートルを時速約304キロの速度で飛行したいう。

翼幅はサッカー競技場よりも広い117メートルで、世界最長。動画はここで見られる。

ストラトローンチの最終目標は、民間ジェット機の2〜3倍ほど高い高度を飛行し、人工衛星を軌道に投入することだ。同社は、地上からロケットを打ち上げるよりも効率的だと考えている。

シャーロット・ジー [Charlotte Jee] 2019.04.16, 11:06
宇宙ビジネスの時代

かつて国家主導だった宇宙開発がいま、大きく変化している。テクノロジーの進化とリスクマネーの流入によって民間企業による宇宙開発が加速し、自社の事業拡大に宇宙を活用しようとする「非宇宙」企業やベンチャー企業の動きも活発だ。いまなぜ「宇宙」なのか? そのヒントとなる記事を集めた。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る