KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

英空港が駐車ロボットを試験導入、収容台数1.2倍に This robot valet will soon be parking your car at the airport

英空港が駐車ロボットを試験導入、収容台数1.2倍に

英国の空港で、旅行者の自動車を駐車させるロボットの3カ月にわたる試験が始まる。ロボットの導入で、これまでよりも数千台多い車が駐車できるようになる予定だ。

英ガトウィック空港が2019年8月から試験導入するサービスでは、ドライバーは空港近くの降車場に車を置き、近くのタッチ・スクリーン端末を使ってロボットを呼び出す。すると、ロボットはアプリケーションの計画に沿って、270台分の試験用駐車スペースの1つに車を運ぶ。

「スタン(Stan)」と呼ばれるこのロボットは、車の前面に移動してフォークリフトのように車を持ち上げて運ぶ。ドライバーは鍵を渡す必要はない。旅行者はフライトの詳細を伝えておき、旅行から戻ったらロボットは自動的に車を持ち主に戻す。

人間とは違ってロボットは車に乗り降りする必要がないので、両サイドの空間も必要がなくなる。つまり、車をより隙間なく詰め込めるわけだ。ガトウィック空港は、駐車スペースを拡張することなく、駐車台数を6000台から8500台に増やし、ロボット駐車係に維持管理を任せるつもりだ。

ロボット駐車係サービスはすでにパリリヨンデュッセルドルフの空港でも試験されてきたが、米国での試験はまだ伝えられていない。大規模ショッピングセンターやスタジアムといった、需要が高く駐車スペースが足りない場所なら空港以外でも役立ちそうだ。

charlotte.jee [Charlotte Jee] 2019.01.30, 10:59
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る