KADOKAWA Technology Review
×

ニューズラインエマージング・テクノロジーの最新情報をお届け。

ウェイモが自動運転トラックで貨物輸送に参入、グーグル向けから Waymo’s self-driving trucks are carrying cargo for ... Google

ウェイモが自動運転トラックで貨物輸送に参入、グーグル向けから

アルファベット傘下の2社は、倉庫や港のような場所での物流を自動化しようと試みている。だが、競争は激化している。

ウェイモ(Waymo)が試みようとしているのは、アトランタにあるグーグルのデータセンター間の貨物輸送だ。ウェイモはグーグルのロジスティクス・チームと協力して、ほかにも工場や配送センター、港のターミナル内など、サプライチェーンの中で自動運転技術が利用できる場所を探している。

ウェイモの自動運転車はすでに公道で約805万キロもの距離を走った実績があり、シミュレーションではさらに約80億5000万キロも走っている。走行のほとんどは自家用車だが、10年近くの経験はトラック事業において有利だとウェイモはいう。

トラック輸送の自動化には競合相手が多く存在する一方、トラックドライバーは不足している。エンバーク(Embark)の無人トラックは2月に全米横断を達成し、スタースカイ・ロボティクス(Starsky Robotics)も最近、フロリダ州の道路で自動運転トラックの試験走行を実施した。ウーバーは先日、18輪の自律トラックで貨物を運搬していることを明らかにした。そして、テスラのトラック「セミ(Semi)」は自動運転機能を持ち、そのうえ電動である。そんな状況をわかった上で参入するのだろうか?

jackie.snow [Jackie Snow] 2018.03.22, 6:13
MITテクノロジーレビューは有料会員制サイトです
有料会員になると、毎月150本以上更新されるオリジナル記事が読み放題!
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る