KADOKAWA Technology Review
×
ビジネス・インパクト Insider Online限定
Get ready for more and taller skyscrapers

激増する超高層ビル、今後30年で12倍に——1マイルタワーも実現か

近代都市の景観に超高層ビルは欠かせないものとなった。コロンビア大学の研究者の統計分析によると、現在の傾向が続けば、2050年までに何万もの高層ビルが新たに建ち、最高層のビルは高さ1600メートル(1マイル)に達する可能性があるという。 by Emerging Technology from the arXiv2018.08.23

都市生活は驚くばかりの勢いで成長している。1985年には20億人の人々が都市で生活していたが、現在その数は40億人になっている。2050年には60億人が都市に住むようになると言われている。

都市はこの状況に適応していかなければならない。それには、横に面積を広げていく方法か、超高層ビルをさらに建設して縦に伸ばしていく方法が可能だ。実際、中国や中東などの多くの都市は後者の方法で増加する人口に対応している。

そこで興味深い疑問が浮かび上がる。超高層ビルの建設が続けば、未来の都市はどのようなものになるのだろうか? 今後30年の間に超高層ビルはどのように増えていくだろうか?

現在、ニューヨークのコロンビア大学の大学院生であるジョナサン・オーバックとフィリス・ワンによって1つの答えが得られている。2人は超高層ビル建設の歴史的なパターンを研究し、それに基づいて今後の成長パターンを予測した。研究結果によると、超高層ビルは今後、都市や都市に住む人々の生活においてこれまで以上に重要な役割を果たすことになるという。

オーバックとワンの研究方法は単純だ。シカゴの超高層ビル・都市居住協議会(Council on Tall Buildings and Urban Habitat)が収集した超高層ビルのデータベースの調査から開始した。同協議会は、超高層ビルの基準を設定し「世界一高いビル」などの称号を審査している。今回の研究でオーバックとワンは、高さ150メートルを超すビルを「超高層ビル」として定義した。該当する超高層ビルは世界258都 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る