KADOKAWA Technology Review
×
ビジネス・インパクト Insider Online限定
Easy-to-make videos can show you dancing like the stars

まるで本物! あなたも機械学習でプロのダンサーになれる

ある人の動きを別の人にそのまま転写した映像を作成する技法はすでに存在するが、対象の動きを3Dで捕捉するのにはコストと時間がかかる。カリフォルニア大学の研究者は、対象の動きを記録した2D映像を用いて機械学習システムを訓練することで、動きを転写した映像を容易に作れることを示した。 by Emerging Technology from the arXiv2018.09.06

ある人の動きを別の人の動きにマッピングする技法が、映画制作者、アニメーター、ゲーム・デザイナーの動作の創作方法を変えた。この技法を使えば、ある人が、別の人がしているのと同じようにダンスをしたり、走ったり、射撃をしたりしているような映像を作ることができる。

この技法では、さまざまなセンサーとカメラを使用して動きを監視し、人の姿勢を3D画像に変換することが必要になる。しかし、こうした作業は一般的に、コストも時間もかかってしまう。そのため、カメラ1台で撮影した2D映像を使って同じ技法を実現できれば、極めて革新的なものになるだろう。

カリフォルニア大学バークレー校のキャロライン・チャンたちは、カメラ1台による2D映像を用いて、「動きをまねる」優秀なモーション・トランスファーの技法を考案した。チャンらの技法を使えれば、プロのダンサーのパフォーマンスを比較的容易にアマチュアに転写することが可能となる。

チャンたちの新しい手法は簡単なものだ。まずは、映像を2つ使用する。1つは、動きを転写される側の人(ソース)を撮影した映像、もう1つは、ソースの動きを適合させる側の人(ターゲット)の映像だ。

「ソースとなる人の映像とターゲットとなる人の映像を用意して、ソースの動きと同じ動きをするターゲットの新しい映像を作成することが目標です」とチャンたちはいう。

そのためにチャンたちは、ターゲットの映像を1コマごとに作成するアプローチを採った。まず、ソース映像の1コマの姿勢を、ターゲット映像の1コマにマッピングすることを目指す。「ゴールは、ソースの一連のコマとターゲットの一連のコマの間で、画像から画像への翻訳をすることです」。

そのための1つの方法として、ターゲットとなる人のさまざまな動きを録画し、取り得るあらゆる姿勢 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る