KADOKAWA Technology Review
×
ビジネス・インパクト Insider Online限定
Human translators are still on top—for now

機械翻訳は人間に追いついたのか? 評価方法を検証する

機械学習の目覚ましい進歩によって、機械翻訳はすでに人間に近い精度を持つとされている。だが、機械翻訳の実力を正しく比較するには、評価方法の変更が必要だという。 by Emerging Technology from the arXiv2018.11.16

コンピューター言語学者たちは、ここ数カ月間、機械翻訳がついに人間の翻訳者に追いついたと次々に主張し始めている。

ニューラル・ネットワークを使って文を異言語間で翻訳する手法は、機械学習と人工知能(AI)の絶え間ない大きな進歩のおかげで近年、飛躍的に向上した。だから機械が人間の能力に近づいたといっても、別に驚くべきものではない。事実、コンピューター言語学者らは、主張を裏付ける有力な証拠をすでに手にしている。

だが、チューリッヒ大学の博士課程生であるサミュエル・ローブリらは、シャンパンはまだお預けにすべきだという。研究チームは、同僚の研究成果に反論するつもりはないが、機械翻訳の試験プロトコルは、人間が文書全体をどうやって読むかについて考慮していないと述べている。もしこれを考慮して評価すると、機械の能力は人間よりはるかに遅れをとっているというのだ。

問題は、機械翻訳をどうやって評価すべきかという点だ。 現在のところ、評価は妥当性と流暢性という2つの尺度で評価されている。翻訳が妥当かどうかについては、プロの翻訳者が原文と訳文の両方を読み、原文の意味を訳文がどの程度うまく表現しているかを中心に決めている。流暢性は、単一言語のみを解する読み手が訳文だけを読んで、英語でどれくらいうまく表現されているかを判定して判断する。

コンピューター言語学者は、この方法による評価が役に立つと認めている。しかし、ローブリら研究チームによれば、現在の実施要項は一文レベルのみ …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る