KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集中!
「よりよい世界のためのAIを」機械学習でテロから守るCMU助教授
Jake Belcher
ニュース 無料会員限定
How AI could help solve some of society’s toughest problems

「よりよい世界のためのAIを」機械学習でテロから守るCMU助教授

人工知能(AI)を用いて社会の課題を解決することを研究しているカーネギーメロン大学(CMU)のファン助教授が、最新の成果について「EmTech(エムテック)」で語った。機械学習とゲーム理論を組み合わせることで、異なる領域の問題に対し、共通した解決策を適用できるという。 by Charlotte Jee2018.09.14

フェイ・ファンは何人もの命を救ってきた。だが、ファンはライフガードでも、医師でも、ましてやスーパーヒーローでもない。ファンは人工知能(AI)を用いて社会の課題に取り組むことを専門とする、カーネギーメロン大学(CMU)の助教授である。

ファン助教授は9月12日、MITテクノロジーレビュー主催のカンファレンス「EmTech(エムテック)」で最近の取り組みを紹介した。AIを応用することで重要な国家インフラを保護し、ホームレスを減らし、さらには自殺を防ぐ、学術界における取り組みについてである。

ファン助教授はまず、ニューヨーク市のスタテン島フェリーで毎日6万人の乗客を守るために、自らが2013年に開発したシステムがどのように使われているか説明した。

ステタン島とマンハッタンの間を行き来するフェリーの数は、同領域内に配備されている米沿岸警備隊の巡視船の数よりも多い。一隻の巡視船が一隻のフェリーの航行に付き添う場合、保護の対象 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
人気の記事ランキング
  1. Lego bricks are making science more accessible 科学を身近にするレゴブロック、大学の実験装置にも応用
  2. Promotion Call for entries for Innovators Under 35 Japan 2024 「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集のお知らせ
  3. Inside the US government’s brilliantly boring websites 米政府系サイトの常識を変えた「デザインシステム」革命
  4. Why artists are becoming less scared of AI 見えてきた「生成AIの限界」がアーティストの不安を取り除く
  5. A way to let robots learn by listening will make them more useful 見落とされてきた「耳」、音を学んだロボットはもっと賢くなる
日本発「世界を変える」U35イノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。2024年も候補者の募集を開始しました。 世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を随時発信中。

特集ページへ
MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版

「ブレークスルー・テクノロジー10」は、人工知能、生物工学、気候変動、コンピューティングなどの分野における重要な技術的進歩を評価するMITテクノロジーレビューの年次企画だ。2024年に注目すべき10のテクノロジーを紹介しよう。

特集ページへ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る