KADOKAWA Technology Review
×
限定クーポン利用で年額5000円OFF
夏のキャンペーン実施中!
スポンサード・バイ・Toshinao Sasaki さん
この記事は有料会員のスポンサードによって無料で表示しています。
あなたも有料会員になりませんか? 有料会員登録
充電さえも完全無人化、
未来のロボタクシーは
ここまで進化する
コネクティビティ Insider Online限定
Future robo-taxis could charge themselves and help balance the electric grid

充電さえも完全無人化、
未来のロボタクシーは
ここまで進化する

電気自動車(EV)の充電時にケーブルを接続する必要がないワイヤレス給電システムが注目されている。世界中の大手自動車メーカーとの提携を進めるワイトリシティは、駐車中のクルマに充電するだけでなく、走行中のクルマに充電したり、都市の移動型電力バンクとして電気自動車を活用したりすることを目指している。 by Elizabeth Woyke2018.10.11

電気で走る自動運転タクシー(ロボタクシー)は実現可能だ。運輸やエネルギー、それに人口統計といった動向からは、未来の自動車が自律的に動くようになること、化石燃料でなく電気で動くこと、個人所有でなく共有になることを示している。

しかし、誰もが自動運転の電気自動車に相乗りできるようになる前に、充電できる場所を用意する必要がある。現在の課題の1つだ。米国には電動自動車の充電スタンドが約2万カ所しかない(ガソリンスタンドは12万5000カ所以上ある)。マッキンゼーは、主要経済国(中国、ヨーロッパ、インド、米国)は2031年までに、充電インフラ整備に550億ドルを投資して、1億4000万台の電気自動車が公道を走れるようにする必要があると予測している。

充電プラグを自動車に差し込むことにも課題がある。文字通りロボタクシーには、長くて太い充電ケーブルを操作するドライバーは乗っていないからだ。

ワイトリシティ(WiTricity)というスタートアップ企業は、磁気共鳴と呼ばれるワイヤレス給電がよりスマートな充電方法だと考えている。このテクノロジーでは、送電網から電線を介して地上の銅コイルに給電し、磁場を形成してエネルギーを取り入れる。自動車の底部に取り付けられた別の銅コイルが磁場の範囲内に入ると、車両側の銅コイルに電流が発生して自動車のバッテリーが充電される仕組みだ(「Wireless Power」を参照)。

電気自動車(EV)を充電する際には、コイルの上で停車して数時間待つだけで済む。ワイトリシティによれば、充電効率は充電ケーブルを自動車に直接挿入するのと変わらないという。

  • WiTricity’s first deployments will be charging systems for home garages and driveways.ワイトリシティの最初の事業展開は戸建てのガレージと車道の充電システムになるだろう
  • Next, its technology will be integrated into parking lots and garages.次に、そのテクノロジーは駐車場とガレージに統合されるはずだ
  • The startup also hopes to power a series of on-street parking spaces.ワイトリシティは一直線に並んでいる路上駐車スペースにも電力を供給したいと考えている
  • Eventually, its technology could be used to electrify a stretch of road—for example, under a taxi queue.最終的には、タクシー乗り場のような一本道に電気を供給するのに使われるかもしれない

ワイトリシティ以外にも、磁気共鳴によるワイヤレス給電システムに取り組んでいる企業は存在する。だがワイトリシティによると、同社のテクノロジーはあらゆる車種、モデルに対応し、重要な安全性に関する機能(たとえば、子どもや動物がコイルとコイルに挟まれていた場合、充電器を自動停止する)を備え、アスファルトまたはその他の舗装を介してエネルギーを供給できるという。さらに、ワイトリシティの充電器は、頻繁なメンテナンスが不要で、安全性の懸念を引き起こさず、銅窃盗の標的にされることもなく、駐車場やガレージ、道路に設置できるとしている。これにより、地方自治体、不動産仲介業者、不動産管理者に対し、充電スタンドに投資する新たなインセンティブを与えられると同社は期待している。ワイトリシティのアレックス・グルーゼン最高経営責任者(CEO)は、「次の10年間で必要とされる電気自動車インフラへの膨大な投資を期待するのなら、誰がそれを支払うのか、なぜ支払うのかをはっきりさせなければなりません」という。

価格はワイトリシティにとって重要な問題だ。同社のシステムは現在それぞれ1000ドルから1500ドルのコストがかかるが、一般的なプラグイン充電器のコストは1000ドル未満なのだ。しかし同社は、戸建てのガレージや車道だけでなく、アパートの駐車場やガレージもターゲットにしたいと考えている。グルーゼンCEOによれば、電動自動車を所有しているアパート居住者にアピールするために費用を負担したいと考える複数の地主と、すでに話し合いをしているという。

究極的に、ワイトリシティは駐車した電気自動車に充電する以上のことをしたいと考えている。アイデアの1つに、このテクノロジーを道路と統合することで、自動車が走行中に充電できるようにすることがある。グルーゼンCEOは、空港や駅のタクシー乗り場のために同社のシステムが必要になると考えている。「市や州がこのシステムを設置するために高速道路を何キロにもわたって引き剥がすようなことはおそらくしないでしょう。タクシー乗り場ならば理にかなっています。100キロに渡って道路に給電する代わりに、100メートルの区間だけに給電すれば済むからです。タクシーは列に並んでいる時間だけ充電できるのです」。

ワイトリシティの最も野心的な目標は、自動車を移動型の電力バンクにすることだ。電気自動車を本質的に、電力消費のピーク時まで電力を蓄える電池にしようという考えだ。そして、電力消費がピークを迎えたときに、電気料金の支払いと相殺したり、次回電気自動車に充電する際に無料にしたりする代わりに、電気自動車に蓄えた電力の一部を送電網に送り返す。電気自動車によるこの種のエネルギー伝達は従来型のプラグイン充電器でも可能だ。だが、ワイヤレスによる電力のやり取りは理論上、特に自動車が自律的に走行するようになれば、より迅速かつ簡単になる。

こうしたアイデアのいくつかは、ほかのアイデアより実現可能性がある。ワイトリシティは世界大手10社のうち9社を含む、12社以上の自動車メーカーと提携している。取引のほとんどは、2018年3月にヒュンダイ(現代)自動車が同社の電気自動車「コナ(Kona)」を使って実証したワイヤレス充電システムのような研究開発用途だ。しかし、BMWは現在、特定の地域の顧客だけが購入できるハイブリッド電気自動車を販売していて、ワイトリシティの技術を組み込んでいる。グルーゼンCEOは他の自動車メーカー、特に電気自動車のワイヤレス給電の世界標準に合意した企業がいずれ追随して装着するだろうという。

グルーゼンCEOは、ワイトリシティの給電システムに対応した駐車場とガレージが今後2年間で建設されると考えている。最初の建設地はおそらく、人口の大部分がアパートに暮らしている中国の大都市になる見込みだという。

給電化された街道と、自動車・送電網間のワイヤレスによるエネルギー交換が実現するには、おそらくあと数年はかかるだろう。しかしワイトリシティには、ホンダと共同開発したプロトタイプシステムがある。グルーゼンCEOによると、日本の電力会社が一部関心を示しているという。日本ではエネルギー市場の規制が緩和され、企業は競争優位になる独自サービスを提供したがっているからだ。

市場調査会社のナビガント(Navigant)で運輸産業を分析しているジョン・ガートナーは、ワイトリシティのテクノロジーは、配車サービスとカーシェアリング・サービスに最も適していると考えている。「こうした企業は短期的には、プラグの挿し方やプラグが挿さったことを確認する手順を、電気自動車に馴染みがないドライバーに教育する必要がない点にメリットを見い出すでしょう。やがて自律自動車の時代になれば、充電のたびに人間が車にプラグを挿すのにかかる余計な経費を避けたいとも思うようになるでしょう」。

MITテクノロジーレビューは、自動運転による移動手段の変化と都市生活への影響をキーパーソンとともに考えるイベント「Future of Society Conference 2018」を11月30日に開催します。詳しくはこちら
人気の記事ランキング
  1. Interview with Lessig: Privacy Regulation in the Data-Driven-Society ローレンス・レッシグに聞く、データ駆動型社会のプライバシー規制
エリザベス ウォイキ [Elizabeth Woyke]米国版 ビジネス担当編集者
ナネット・バーンズと一緒にMIT Technology Reviewのビジネスレポートの管理、執筆、編集をしています。ビジネス分野ではさまざまな動きがありますが、特に関心があるのは無線通信とIoT、革新的なスタートアップとそのマネタイズ戦略、製造業の将来です。 アジア版タイム誌からキャリアを重ねて、ビジネスウィーク誌とフォーブス誌にも在籍していました。最近では、共著でオライリーメディアから日雇い労働市場に関するeブックを出したり、単著でも『スマートフォン産業の解剖』を2014年に執筆しました。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
人気の記事ランキング
  1. Interview with Lessig: Privacy Regulation in the Data-Driven-Society ローレンス・レッシグに聞く、データ駆動型社会のプライバシー規制
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る