KADOKAWA Technology Review
×
英空港ドローン騒動、航空機の安全を守る方法はあるか?
Dan Kitwood/Getty Images
コネクティビティ 無料会員限定
It’s only a matter of time before a drone takes down a passenger plane

英空港ドローン騒動、航空機の安全を守る方法はあるか?

ドローンによる妨害で英国の空港が閉鎖に追い込まれ、最大11万人に影響が出た。ドローンへの対抗策を求める声が高まることが予想されるが、現実問題として技術的に有効な対策はほとんどない。 by Konstantin Kakaes2018.12.25

英国で2番目に旅客数の多いガトウィック空港で空港敷地内上空を飛ぶドローンが目撃され、12月19日午後9時からすべてての航空機が離着陸を停止した。20日午後の時点で、何万人もの旅行客の足に影響が及んでいる。

これらのドローンを誰が何のために操縦していたのかは、まだ分かっていない。このガトウィック空港での一件によって、「ドローン対抗テクノロジー」を求める声が再燃している。 だが、民間航空輸送に対するドローンの危険性は、テクノロジーで解決できる問題ではない。ドローンはすでに非常に安価かつ高機能になっており、ジェット旅客機は今後も脆弱な標的であり続けるだろう。制限空域へのドローンの侵入を妨ぐ「ジオフェンシング(仮想柵)」も、銃や網、無線妨害システム、さらには鷲でさえも、航空機運航の安全を確実に守ることはできない。

心配性に聞こえるかもしれないが、いまのところ実行可能なドローン対策はたかだかその程度でしかないのだ。

消費者向け大量生産モデルのもっとも廉価なドローンはたった25ドルで買える。これらの機種は操縦に使う無線を妨害できるので、対策が比較的簡単だ。これより少し高価なモデルになると、GPSチップが入っており、「ジオフェンシング」のプログラムを組み込むことができる。ジオフェンシングというかっこいい言葉は、ドローンの制御ソフトウェアに、特定の地理座標への侵入を避けさせることを意味する。

ジオフェンシングを使えば、平均 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5Cities Issue

新型コロナのパンデミックによって激変した都市生活は、ポストコロナでどう変わるのか? 都市部への人口集中が世界で加速する中、環境、災害、貧困といった負の側面をテクノロジーは解決できるのか? 多様な人々が集まり、化学反応が起きるイノベーションの集積地としての役割を都市は今後も果たし続けるのか? 世界の豊富な事例と識者への取材を通して、新しい都市の未来像を描く。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る