KADOKAWA Technology Review
×
ナノ粒子でがん細胞を直接攻撃、再発防止へ新治療法
Dr. Cecil Fox | National Cancer Institute | Wikimedia Commons
生命の再定義 Insider Online限定
Electric nanoparticles can target and kill cancer cells by zapping them

ナノ粒子でがん細胞を直接攻撃、再発防止へ新治療法

イタリアの研究チームが、ナノ粒子を体内に送り込み、超音波を当てて発生する圧電効果によってがん細胞を直接殺す治療法を発案し、試験管内の実験で効果を確認した。がん再発の主な原因となる顕微鏡的残存腫瘍を標的とした治療に特に有効となる可能性がある。 by Emerging Technology from the arXiv2019.04.16

有効ながんの治療法として、がん細胞を低電圧の交流で印加して攻撃する方法が浮上している。カルシウムイオンとカリウムイオンの細胞内外への流れという重要なプロセスを妨げることで、がん細胞を死に至らしめる方法だ。

このアプローチの問題は、がん細胞だけでなく、健康な細胞もイオン・チャンネルの妨害を同様に受けて死んでしまうことだ。そのため、健康な細胞に影響を与えず、がん細胞だけを標的にする方法を見つけなくてはならない。

イタリア工科大学のアッティロ・マリノとトリノ工科大学のエンリコ・アルミチらは、この問題の解決策として、超音波で繰り返し圧縮されると体内に電流を発生させる圧電効果のあるナノ粒子を用いる手法を発表した。そして、この手法が効果的ながん治療につながる可能性があるとする最初のエビデンスを集めた。

マリノらの手法は、理論上は簡単だ。圧電効果のある材料は、圧迫されると電荷を発生し、電圧をかけると形状を変えるため、マイクロフォンからモーターまであらゆる分野で広く使用されている。

彼らのアイデアは、生体適合性のあるナノ粒子を体内に注入し、それに超音波を当てるというものだ。超音波の低圧と高圧を加えることでナノ粒子に電荷が発生し、イオン・チャネルを妨害し、細胞を殺せるはずだと考えた。実験では、鉛を含有しないことから生体適合性があるとされるチタン酸バリウムのナノ粒子を選んだ。 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8脱炭素イノベーション

2050年のカーボンニュートラル(炭素中立)の実現に向けて、世界各国で研究開発が加速する脱炭素技術、社会実装が進む気候変動の緩和・適応策などGX(グリーン・トランスフォーメーション)の最新動向を丸ごと1冊取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る