KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中
職場の「エアコン温度戦争」に画期的解決策、体熱に適応する新素材
Nature
ニュース 無料会員限定
This new fabric will automatically cool you down when you get hot and sweaty

職場の「エアコン温度戦争」に画期的解決策、体熱に適応する新素材

メリーランド大学の研究者グループが、体の熱と湿気に反応し、絶えず快適な温度を維持してくれる生地を開発した。スポーツ選手のほか、乳児や高齢者など、快適に過ごすために絶えず気配りや介護が必要な人々の役に立つ可能性がある。 by Charlotte Jee2019.02.14

暑いかと思いきや急に寒くなる。職場で繰り広げられるエアコンの設定温度をめぐる争いに巻き込まれたことがある人なら、全員を満足させることなど不可能であることを知っているだろう。だが、温度設定用ダイヤルを操作する代わりに、全員が自身の体に適応する衣類を身につけたとしたら、どうだろうか。

メリーランド大学の研究チームが開発した新しい生地は、必要に応じて自動的に着用者の体を温めたり冷やしたりできる初めての素材だ。スポーツをする時などに暑くなって汗をかくと、この生地は放射される赤外線(体の熱)を通過させて外に放出する。一方、寒く乾燥しているときは、熱を中に閉じ込める。

この新たな生地は、水を吸収する素材と水をはじく素材の2種類の合成素材から成る特殊な糸を用いて開発 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中!ひと月あたり1000円に
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る