KADOKAWA Technology Review
×
【今週水曜26日開催】1800人が参加した「生成AI」第3弾。イベント申込受付中!
ブロックチェーン・スマホは「Web 3.0」の夢を見るか?
HTC
ニュース 無料会員限定
What the hell is a blockchain phone—and do I need one?

ブロックチェーン・スマホは「Web 3.0」の夢を見るか?

暗号通貨の秘密鍵を安全に保管できる「ブロックチェーン・スマホ」が暗号通貨愛好家の関心を集めている。Web3.0とも呼ばれる「非中央集権型Web」実現への一歩となるのだろうか。 by Mike Orcutt2019.04.05

暗号通貨の世界はバズワードだらけだが、マーケティング用に体裁を整えられたその外側をひと皮ずつむいていくと、その下からイノベーションが顔をのぞかせることもある。それと同時に、暗号通貨テクノロジーの歴史上、イノベーションがいかに初期の段階にあるかを思い知らされることも少なくない。その最たる例が、「ブロックチェーン・スマホ」だ。

突如として暗号通貨に焦点を当てた携帯電話が、ここのところ市場に出回り始めている。最大のプレイヤーは、韓国のサムスンだ。サムスンが2月に発表した「ギャラクシーS10(Galaxy S10)」には暗号通貨の秘密鍵を保管する安全なストレージ・システムが搭載されている。サムスンはこれで、何カ月にも渡って「エクソダス・ワン(Exodus 1)」のをアピールしてきた台湾のHTC、莫大な新規暗号通貨公開(ICO)の利益を使ってフィニー(Finney)を開発したスイスのシリン・ラブズ(Sirin Labs)、そして暗号通貨のマイニングが可能な80ドルのアンドロイド携帯電話を2月末に発売した英国のエレクトリウム(Electroneum)の仲間入りをすることになる。

相次ぐブロックチェーン・スマホの登場にはどんな意味があるのだろうか? もっとも熱心なブロックチェーン愛好家の途方もない夢の中では、これらのデバイスは「Web 3.0」とも呼ばれる非中央集権型Webへの入り口となるだろう。この「次のインターネット」の世界では、ブロックチェーンのようなテクノロジーが、非中央集権型アプリケーション(ダップス:Dapps)をサポートすることになるだろう。見た目も使い勝手も現在使われているモバイル・アプリに似ていながら、大手テック企業の専用サーバーの代わりにパブリックなP2P(ピア・ツーピア)ネットワーク上で実行されるアプリケーションだ。

暗号通貨とダップスの幅広い普及を妨げているのが、特にテクノロジーに精通していな …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」U35イノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。2024年も候補者の募集を開始しました。 世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を随時発信中。

特集ページへ
MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版

「ブレークスルー・テクノロジー10」は、人工知能、生物工学、気候変動、コンピューティングなどの分野における重要な技術的進歩を評価するMITテクノロジーレビューの年次企画だ。2024年に注目すべき10のテクノロジーを紹介しよう。

特集ページへ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る