KADOKAWA Technology Review
×
ネット弁護士サービス、暗号通貨で「支払い」も自動化
Justin Saglio
コネクティビティ 無料会員限定
Millions of people might soon be using cryptocurrency without knowing it

ネット弁護士サービス、暗号通貨で「支払い」も自動化

暗号通貨をメインストリームの消費者向けアプリケーションで使った事例はいまだ登場していない。オンライン法律サービスの会社であるロケット・ロイヤーが5月中に提供開始するサービスは、実際にブロックチェーンを支払いに使う初の実用例となるかもしれない。 by Michael Reilly2019.05.07

車を売りたいときやフリーランスへの支払いがあるとき、人々はまもなくブロックチェーンを使うようになる。ロケット・ロイヤー(Rocket Lawyer)のチャーリー・ムーアCEO(最高経営責任者)は、そう考えている。

オンライン法律サービス企業であるロケット・ロイヤー(Rocket Lawyer)は、非常に簡単かつ格安な方法で法的な契約書を作成したり、弁護士へのアクセスを提供したりしている。だが、5月2日にマサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボで開催されたMITテクノロジーレビュー主催のカンファレンス「ブロックチェーンの ビジネス(Business of Blockchain)」に登壇したムーアCEOは、人々が法的契約を結ぶ時の複雑な支払いスキームの扱いにいつも苦慮していると述べた。

契約書を自動作成して、人々にそれらの内容を確認させ、電子署名してもらうことまでは比較的簡単だという。だが「支払いとなると、契約に入れておくべき重要なことにも関わらず、実際には現在誰も自動化され …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る