KADOKAWA Technology Review
×
「マジック:ザ・ギャザリング」は世界で最も複雑なゲームだった
Nathan Rupert
ビジネス・インパクト Insider Online限定
“Magic: The Gathering” is officially the world’s most complex game

「マジック:ザ・ギャザリング」は世界で最も複雑なゲームだった

ゲーム理論にとって重要で基本的疑問を投げかける興味深い研究結果が発表された。ゲームに関する主要な形式的理論はあらゆるゲームが計算可能でなければならないと仮定しているが、マジック:ザ・ギャザリングはこの仮定に当てはまらないというのだ。 by Emerging Technology from the arXiv2019.05.15

マジック:ザ・ギャザリングは、魔法使いが呪文を唱えたり、モンスターなどのクリーチャーを呼び出したり、魔法のオブジェクトを使って相手を倒したりするカードゲームだ。

このゲームでは、それぞれ異なるパワーを持つ60枚のカードのデッキを、2人以上のプレイヤーが組み立てる。プレイヤーは、ゲームの進化とともに作られていった約2万種類のカードからカードを選んでデッキを構成する。ダンジョンズ&ドラゴンズなどのロールプレイング・ファンタジーゲームに似ているが、他のカードゲームよりもはるかに多くのカードを使って、より複雑なルールに従わなければならない。

こうした事情が提起する興味深い問題がある。それは、(通常ゲーム理論家が考える仮想的なゲームとは対照的に、人々が実際にプレイする)現実世界のゲームの中で、マジック:ザ・ギャザリングの複雑さはどの程度なのだろうかという疑問だ。

英国ケンブリッジの独立研究者でありボードゲームデザイナーのアレックス・チャーチル、ジョージア工科大学のステラ・ビダーマン、ペンシルベニア大学のオースティン・ヘリックスらの研究のおかげで、1つの答えが得られている。

チャーチルらのチームは、マジック:ザ・ギャザリングをコンピューターやチューリングマシンでプレイできるようにエンコードして、ゲームの計算上の複雑さを初めて測定した。その結果、「文献で知られている、計算上もっとも複雑な現実世界のゲームが、マジック:ザ・ギャザリングであることを証明できました」と述べている。

いくつかの予備知識を説明しておこう。コンピューター科学における重要な作業は、ある問題が原理的に解決できるかどうかを判断することだ。たとえば、2つの数が互いに素であるかどうか(言い換えると、その2つの数の最大公約数が1より大きいかどうか)を判断するのは、明確に定義された有限回のステップで実行できる作業であり、つまり計算可能である。

通常のチェスのゲームで、白に勝利できる戦略があるかどうかを決定するのも計算可能だ。このプロセスに含まれるのは、考えられる一連の動きをすべてテストし、白が勝てるかどうか判断する作業であ …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る