医学生物学

Doctor Behind Knock-Off “Cancer Moonshot” Meets with Trump 際どい評判の中国系医師、トランプ次期大統領と会食

「がんとの戦いに勝つ」という活動の宣伝に余念がない金持ちドクター by Michael Reilly2016.11.22

世界一の金持ちドクター」 と称される人物が、ドナルド・トランプ次期大統領の増え続ける友人リストに入ったようだ。

19日、革新的な性格とビジネスの洞察力で知られるパトリック・スン・シオン(億万長者の医療起業家)がトランプ次期大統領と夕食を共にした。。アブラクシス・ファーマシューティカルズ(開発した薬剤「アブラキサン」ががん治療に効果的であると示した)を設立し、2010年に、29 億ドルの高評価でセルジーンに売却した。

スン・シオンは宣伝がうまく、自己の売り込みを怠らず、金儲けが非常に得意な人物としても知られている。

スン・シオンは、経営権を握る親会社ナントワークス(評価額は数十億ドル)の事業を売却してカネに変えてきた。その内の1社で今年前半に上場したナントヘルス(上場時の評価額は約15億ドル)は、病院が医療機器を連携できるテクノロジーを提供し(同社が言うには)、治療の改善に資するような患者データを常時提供できるという。しかし個人的に設備を見学した人でさえ、スン・シオンが本当は何を売ろうとしているのか理解できないでいる。2015年には2人の幹部が「会社は米国政府をだましている」として会社 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。