KADOKAWA Technology Review
×
「リブラは米ドルにとって脅威でない」セントルイス連銀総裁語る
Ms. Tech
コネクティビティ 無料会員限定
We’ve had private currencies like Libra before. It was chaos.

「リブラは米ドルにとって脅威でない」セントルイス連銀総裁語る

フェイスブックの新暗号通貨「リブラ」は、従来の国家通貨を脅かす存在になり得るのだろうか。米国の中央銀行の1つであるセントルイス連邦準備銀行のブラード総裁は、約200年前の米国を例に挙げて、リブラが米ドルに取って代わることはないと語った。 by Mike Orcutt2019.08.06

政府の後ろ盾のある通貨が、世界を支配している。だが近いうちに、私的デジタル通貨という形の正当な挑戦者と相対することになるかもしれない。フェイスブックのような巨大企業がそうした通貨を発行すればなおのことだ。この動きは金融システムにどのような影響を与えることになるのだろうか?

歴史の示すところによれば、「人々はそのような通貨を好まないでしょう」。そう語るのは、セントルイス連邦準備銀行のCEO(最高経営責任者)であるジェームズ・ブラード総裁だ。

セントルイス連邦準備銀行は、米国各地に存在する12行の中央銀行支店のうちの1つだ。ブラード総裁は、7月19日にニューヨークで開かれた中央銀行関係者向けの学術会議でこの件について語った。ブラード総裁によると、暗号通貨の隆盛によって「非公式通貨」システムへの「横滑り」が起こっているという。

ブラード総裁はこの件についての自身の研究を参照し、米国において公式通貨が存在しないと何が起こるのかという事例は既に存在すると述べた。1830年、米国の通貨供給の90%は私的通貨によるものだった。だがそこで問題が起こった。「鞄に自分の通貨を入れて馬に乗り、別の町に行ったとします。しかし別の町ではその通貨は一対一の比率で交換してもらえません」。異なる通貨間の為替相場は多くの場合、固定化が難しいという理由から変動していた。

ブラード総裁によると、同様の「為替相場の混乱」は現在の外国為替市場でも見られるという。たとえば、米ドルと日本円は年ごとに15%も変動しているが、2国間の経済の基礎的条件(ファンダメン …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る