KADOKAWA Technology Review
×
「宇宙ビジネスの時代」を先取りするテクノロジー・カンファレンス 
お得な「早割」販売中。
iPhone安全神話崩壊、グーグルが発見した大規模攻撃の驚きの中身
AP
コネクティビティ Insider Online限定
Websites have been quietly hacking iPhones for years, says Google

iPhone安全神話崩壊、グーグルが発見した大規模攻撃の驚きの中身

グーグルの最近の発表によると、Webサイトにマルウェアを仕掛ける「水飲み場型攻撃」により、特定のWebサイトを訪問した何千人ものアイフォーンユーザーがマルウェアに感染し、機密性の高いデータを盗まれた恐れがあるという。アップルがパッチを適用したため、現在は感染の恐れはないが、誰のデータが盗まれたのか、犯人は誰なのかは、未だに分かっていない。 by Patrick Howell O'Neill2019.09.03

グーグルが発表した調査結果によれば、アイフォーンユーザーに対する史上最大規模の攻撃は少なくとも2年間続き、何千人ものユーザーに影響を与えた可能性があるという。

攻撃に使われたマルウェアは、アイフォーン内をあさり回って、パスワードや暗号化されたメッセージ、位置情報、連絡先、その他の極めて機密性の高い情報を盗んだ可能性がある。盗まれたデータは、ハッカーが攻撃を実行する指令・管理用サーバーに送信されていた。ハッキング活動の範囲、遂行力、持続性が前例のない規模のものであることから、国家支援による作戦だった可能性もあるものの、ハッカーの身元についても標的についても依然として不明なままだ。

「手に入れたデータは『おいしい』データなのです」とジョナサン・レヴィンはいう。レヴィンはアップルのオペレーティングシステム(OS)に関する著書を持つ研究者だ。「キーチェーン、位置情報、チャットや連絡先などからあらゆるパスワードを盗んで、被害者全員の人脈のシャドーネットワークを構築するとしましょう。そうすると、『六次の隔たり(世の中の全ての人や物事は6ステップ以内でつながるとする仮説)』によって、興味深い標的がきっと見つかります。力とならない知識などありません」(レヴィン)。

アップルが2019年2月にバグにすばやくパッチを適用したことから、それ以降にiOSを更新したユーザーはすべて保護されている。マルウェアはアイフォーン再起動すると消去されるが、その時点ですでにデータは盗まれてしまっている。正確な感染者数については不明なままだ。アイフォーンユーザー自身が気づくことはないだろう。マルウェアは目に見える兆候なしにバックグラウンドで実行され、アイフォーン上で実行されているプロセスをユーザーが見ることはできないからだ。

2019年1月、ハッキングされたWebサイトを最初に発見したのは、防諜(対抗的スパイ活動)を専門とするグーグルの「脅威分析グループ(Threat Analysis Group:TAG)」だった。これらのサイトは、週に何千という数の訪問者にマルウェアを送 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
宇宙ビジネスの時代

かつて国家主導だった宇宙開発がいま、大きく変化している。テクノロジーの進化とリスクマネーの流入によって民間企業による宇宙開発が加速し、自社の事業拡大に宇宙を活用しようとする「非宇宙」企業やベンチャー企業の動きも活発だ。いまなぜ「宇宙」なのか? そのヒントとなる記事を集めた。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る