KADOKAWA Technology Review
×
「ブロックチェーン倫理」が
いま求められる理由
Ms. Tech; Scales: Chris Potter; Flickr
コネクティビティ 無料会員限定
Why it’s time to start talking about blockchain ethics

「ブロックチェーン倫理」が
いま求められる理由

ブロックチェーンが社会を変える大きな影響力を持つようになるなら、独自の「倫理」が求められるようになる。MITの研究者グループが提唱する「ブロックチェーン倫理」は、新しい学問分野だ。 by Mike Orcutt2019.11.15

「倫理」という言葉は、多くの詐欺やペテンが横行する暗号通貨の世界においては、一見相容れないもののように見える。

だが、少数の優れた研究者で構成されるグループによると、「ブロックチェーン倫理」の議論は理にかなっているだけでなく、必要なことだという。

ブロックチェーン・テクノロジーが社会に大きな変化をもたらすことが合理的に期待できる場合、生物工学や人工知能(AI)、核技術と同様に、独自の倫理分野を持つに値する。マサチューセッツ工科大学(MIT)デジタル通貨イニシアチブのリース・リンドマークは話す。リンドマークは同イニシアチブにおいて、長期的な社会への影響とコミュニティに関する領域を率いている人物だ。

リンドマークは10月6日、「クリプトエコノミクス・システム・サミット(Cryptoeconomic Systems Summit)」で講演した。このサミットは、ブロックチェーン開発者、経済学者、金融エンジニア、弁護士など、ブロックチェーン・テクノロジーに関連する学術分野を研究する人たちの集まりだ。サミットは、ブロックチェーン開発の多くの学際的な側面に焦点を当てた、新しい学術分野の基礎を築く試みだった。ブロックチェーン倫理も、その一部と言えるものだ。リンドマークはこのグループを「ブロックチェーン・テクノロジー開発をどうすれば建設的に進められるのか、という課題に焦点を当てた人々の集まり」と説明する。

ブロックチェーンは、依然としてほとんどニッチな関心事に留まっている。 暗号通貨市場の価値は、従来の …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 202110 Breakthrough Technologies

新型コロナウイルス・ワクチンの開発で脚光を浴びた「メッセンジャーRNA」技術から、人間並みの文章を自在に生成できる人工知能(AI)技術「GPT-3」、電気自動車(EV)普及の鍵を握る「次世代バッテリー」まで。MITテクノロジーレビューが選んだ「世界を変える10大テクノロジー」。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る