KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Robotic Quadcopters Could Offer Zero G Flights on the Cheap

ロボット・クアッドコプターが格安での無重力飛行を実現するかもしれない

低コストで無重力状態を作り出す実験環境を科学者は切望してきた。自律型クアッドコプターで可能になるかもしれない。 by Emerging Technology from the arXiv2016.12.07

「嘔吐彗星」は、妙な名前がついた航空工学上の成果だ。放物線飛行により無重力状態を体験できる航空機のことで、約25秒間の無重力状態を利用して宇宙飛行士を訓練したり、一般人が無重力を体験したりする。別の利用方法もある。映画『アポロ13』の無重力シーンはすべて「嘔吐彗星」機内の無重力下で撮影されたのだ。

「嘔吐彗星」は科学者による微小重力下の実験にも利用できる。だが利用料は1kgあたり最大3000ドルもかかるし、何カ月も前から、時には何年も前に予約する必要があるから、何かの理由で実験が失敗しても、やり直しは難しいことが多い。

ドロップタワー(遊園地にある落下系アトラクションの科学版)も別の選択肢だ。高い塔を建てて高い場所から落とすだけなので何度も使えるし予約も簡単だが、科学実験に適した塔を建てるには途方もない費用がかかるだろう。

最後の選択肢は国際宇宙ステーションや特注の宇宙船だが、法外な金額になるので、現実的にはあり得ない。

というわけで、高額な方法に頼らず、原理実証用の設計を試験できるだけの安くて早い方法があれば、科学者は大喜びするだろう。

12月6日、ジョージア工科大学(アトランタ)のフアン・パブロ・アフマン研究員のチームによって、科学者は望みどおりの方法を手に入れようとしている。研究チームは …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント