KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
ロボット工学
MRIスキャンの画像から脳年齢を3秒で判定する深層学習機械
Deep-Learning Machine Uses MRI Scans to Determine Your Brain Age

MRIスキャンによる脳年齢の判定には時間がかかったが、人工知能(AI)が数秒で判定してくれれば、医師の診断はより正確になる可能性がある。 by Emerging Technology from the arXiv2016.12.13

人間の認知能力は年齢とともに低下する。神経科学者は以前から、低下は脳の解剖学的な変化とも関係があると知っており、脳のMRI画像で老化の兆候を見分け「脳年齢」を判定できるようになったといわれても驚きはしない。脳年齢と実年齢の違いから、認知症などの疾患の発症がわかることもある。

だが、機械で年齢を測定するには、前処理として、画像から頭蓋骨など脳以外の組織を除去したり、白質、灰白質等の組織を分類したり、画像アーチファクト除去といったさまざまなデータ平滑化手法により、MRIデータに高度な処理を施す必要があり、分析には非常に長い時間がかかる。

すべてのデータ処理には24時間以上かかることもあり、医師が臨床診断で患者の脳年齢も考慮したくてもできなかった。

12月12日、キングス・カレッジ・ロンドンのジョバニ・モンタナ教授の研究チームがMRIスキャナーの生データで脳年齢を測定するよう深層学習機械を訓練したおかげで、この状況は変わりつつある。深層学習による手法は数秒しかかからず、患者がスキャナーに入っている間にも臨床医は正確な脳年齢を把握できる。

使われたのは、典型的な深層学習の手法だ。研究チームは18歳から90歳の健康な2000人以上のMRI脳スキャンを使って機械を訓練した。脳年齢に影響するような神経学的な症状を持つ人は誰も含まれていないで、脳年齢は実年齢と一致しているはずだ。 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント