KADOKAWA Technology Review
×
人工衛星メガコンステレーションは宇宙開発をどう変えるのか?
-
ビジネス・インパクト 無料会員限定
How satellite mega-constellations will change the way we use space

人工衛星メガコンステレーションは宇宙開発をどう変えるのか?

人類初の人工衛星である「スプートニク」の軌道投入から63年たった現在、従来の人工衛星は、数百以上もの衛星から成るネットワークである「メガコンステレーション」に取って代わられようとしている。今後人類は月や火星など、どこへ行くにも人工衛星コンステレーションを携えるようになるだろう。 by Ramin Skibba2020.03.02

「スプートニク」が初めて地球を回る軌道に入ってから63年後の現在、数千の人工衛星が地球を周回し、通信、ナビゲート、天気予報に役立っている。しかしもうすぐ、協調して動作する数百、さらには数千の大規模な人工衛星ネットワークを持つメガコンステレーションによって、現在の人工衛星は影をひそめてしまうだろう。

イーロン・マスク率いるスペースX(SpaceX)が開発している「スターリンク(Starlink)」が未来を垣間見る手掛かりになる。スペースXはすでに100基を超える人工衛星をスターリンク用に配備しており、2020年代半ばまでには、世界中にブロードバンドインターネット・アクセスを提供するための1万2000基近いコンステレーションを構築する計画だ。その他の多くの宇宙機関と営利目的の宇宙企 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る