KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
One Startup’s Vision to Reinvent the Web for Better Privacy

普及して20年のWebはブロックチェーンで作り直せるか?

ブロックスタックが開発中のテクノロジーを使えば、使わなくなったサイトのログイン情報は、ユーザー自身がアクセス権を取り消すことで解除できる。 by Tom Simonite2017.01.16

ベンチャー・キャピタリストのアルバート・ウェンガーは、Web事業への投資で成功してきた。ウェンガーは、Etsy(ハンドメイド雑貨中心のネット販売サイト)やTumblrを創業時から支援してきた。しかし共同経営者を務めるユニオン・スクウェア・ベンチャーズ(USV)は最近、ウェンガーの強い要望により、Webを再考する必要があると考えて設立された企業を応援することにした。

「私たちは、アマゾンやグーグル、フェイスブック等の新興の既得権益企業が確固たる地位を築き、それぞれの市場をほぼ独占している時代に生きてます。私たちが、長期にわたってイノベーションが続く開かれた市場を望むなら、私たちに必要になるのは、新しい、分権型のインフラです」とウェンガーはいう。

ブロックスタック(Blockstack)は2017年1月、より開かれた市場を作り出そうとして、USV等から400万ドルの資金を調達した。ブロックスタックは、現在のWebに対してある種の並行世界(ユーザーが自身のデータを管理できる世界)を作り出すオープンソース・ソフトウェアを開発している。

ブロックスタックは、既存のWebブラウザーから、新しいデジタル領域のために作成されたサイトやアプリを閲覧できるソフトウェアを2017年下期にはリリースする予定だ。新しい世界でも、リンクをクリックしたり、Webアドレスを入力したりすれば、たとえば、友人とチャットする場所を探したり買い物したりする場所を探してサイトを利用できるだろう。しかし、グーグルやフェイスブックでユーザーがするように、それぞれのサイトでアカウントを作る必要はない。ブロックスタックのシステム上に構築されたサイトのユーザーは、自身で自分のアカウント(ユーザー識別情報は複数でもよい)を管理できる。ユーザーは、自分だけに管理権があるプロフィ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント