KADOKAWA Technology Review
×
来たれ、世界を変える若きイノベーター
「Innovators Under 35」日本初開催!
【10/20生配信】宇宙飛行士・山崎直子さん公開取材のご案内
TR
イベント 各分野のキーパーソンとともにお届けするライブコンテンツ
Announcement of the public interview

【10/20生配信】宇宙飛行士・山崎直子さん公開取材のご案内

「Innovators Under 35 Japan」の開催を記念して、本アワードの審査員であり、宇宙飛行士の山崎直子さんに10月20日(火)19時から公開取材を実施する。 by MIT Technology Review Event Producer2020.10.16Sponsored

山崎直子さんへの公開取材の模様は 2020/10/20(火)19時〜 当日、このページ内で配信いたします。山崎さんへのご質問はハッシュタグ #IU35Japan2020 をつけてTwitterでツイートしてください。

MITテクノロジーレビュー[日本版]は、才能ある若きイノベーターたちを讃え、その活動を支援することを目的とした世界的なアワード「Innovators Under 35」の日本版となる「Innovators Under 35 Japan」を初開催いたします。

Innovators Under 35 Japan」の開催を記念して、10月20日(火)19時から、本アワードの輸送部門の審査員である山崎直子さんに公開リモート取材を実施します。宇宙飛行士として2010年にスペースシャトル・ディスカバリー号に搭乗した経験や、その後の内閣府宇宙政策委員会委員などの活動を通じて、最近の宇宙ビジネスをどのように見ているのか? 宇宙ビジネスの今後の行方や、宇宙開発におけるイノベーション、イノベーターの条件について、お話をうかがう予定です。

公開取材はYouTube Liveにて配信し、当日このページ内で視聴できます。配信後、取材内容は記事としてMITテクノロジーレビューに掲載する予定です。

宇宙開発分野のイノベーションに関心のある多くの皆さまの視聴をお待ちしております。

山崎直子(Naoko Yamazaki)

宇宙飛行士。1999年、国際宇宙ステーション(ISS)の宇宙飛行士候補者に選ばれ、2001年に認定。ソユーズ宇宙船運航技術者、スペースシャトル搭乗運用技術者の資格を取得。2010年、スペースシャトル・ディスカバリー号に搭乗、ISS組立補給ミッションSTS-131に従事。2011年、JAXA退職。内閣府宇宙政策委員会委員、一般社団法人スペースポートジャパン代表理事、日本ロケット協会理事・「宙女」委員長、宙ツーリズム推進協議会理事、ロボット国際競技大会(World Robot Summit)実行委員会諮問会議委員、特定非営利活動法人ロボットビジネス支援機構(RobiZy)アンバサダーなどを務める。著書に『宇宙飛行士になる勉強法』(中央公論新社)など。「Innovators Under 35 Japan 2020」では、輸送(宇宙開発を含む)部門の審査員を務める。

■聞き手
遠藤 諭(角川アスキー総合研究所主任研究員)

 


山崎さんが審査員を務める「Innovators Under 35 Japan」についてはこちら

Innovators Under 35 Japan 公開インタビュー 宇宙飛行士・山崎直子さんに聞く「宇宙ビジネス領域のイノベーションとイノベーターの条件」
日時
2020年10月20日(火) 19:00〜20:00(19:00 受付開始)
定員
上限なし 人
場所
オンライン(YouTube Live)
料金

無料

主催
MITテクノロジーレビュー
プログラム

■インタビュー内容(予定)
・宇宙飛行士として、最近の宇宙ビジネスをどのように見ているのか。
・宇宙ビジネスでの米国、 中国の違い、日本の問題点(研究内容、研究費、人材など)、今後、宇宙ビジネスはどのような方向に向うのか。
・山崎さんがお考えになるイノベーターの条件。
・日本のU35世代への期待すること。
※内容は変更する場合がございます。

注意事項

※公開取材の開催時間、各プログラムの開始終了時間は状況により変更する場合がございます。
※当日の公開取材の模様は、MITテクノロジーレビュー、その他の提携ニュースサイト に掲載されます。
※回線接続やマシントラブル等が発生した場合は予告なく配信を中断・終了する可能性があります。ご了承ください。その場合は、後日掲載するレポート記事をお待ちください。

申し込みページへ
人気の記事ランキング
  1. There might be even more underground reservoirs of liquid water on Mars 火星の南極に新たな地下湖、生命体が見つかる可能性も
  2. The deadline for IU35 Japan entries is approaching Innovators Under 35 Japan、候補者の応募・推薦締切迫る
  3. Satellite mega-constellations risk ruining astronomy forever 増え続ける人工衛星群で天体観測が台無し、解決策はあるか?
  4. Room-temperature superconductivity has been achieved for the first time 世界初、15°C「室温超伝導」達成 夢の新技術へ突破口
  5. Astronauts on the ISS are hunting for the source of another mystery air leak ISSで再び原因不明の空気漏れ、乗組員が発生場所を調査中
タグ
MITテクノロジーレビュー イベント事務局 [MIT Technology Review Event Producer]日本版 イベント運営チーム
MITテクノロジーレビュー[日本版]が開催するイベント情報をお知らせします。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. There might be even more underground reservoirs of liquid water on Mars 火星の南極に新たな地下湖、生命体が見つかる可能性も
  2. The deadline for IU35 Japan entries is approaching Innovators Under 35 Japan、候補者の応募・推薦締切迫る
  3. Satellite mega-constellations risk ruining astronomy forever 増え続ける人工衛星群で天体観測が台無し、解決策はあるか?
  4. Room-temperature superconductivity has been achieved for the first time 世界初、15°C「室温超伝導」達成 夢の新技術へ突破口
  5. Astronauts on the ISS are hunting for the source of another mystery air leak ISSで再び原因不明の空気漏れ、乗組員が発生場所を調査中
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る