KADOKAWA Technology Review
×
動画、ロボット、マルチモーダル——生成AIの次のトレンドは?
【6/26開催】イベント申込受付中!
トランプ前大統領、最終日にクラウド企業へ大統領令
AP Photo/Manuel Balce Ceneta
Why Trump’s last-minute cyber order could have limited impact

トランプ前大統領、最終日にクラウド企業へ大統領令

トランプ前大統領の最後の行動の1つは、グーグルやアマゾンなどのクラウドサービスに対する身元確認の強化だった。 by Patrick Howell O'Neill2021.01.25

ドナルド・トランプ前大統領は退任の数時間前に、米国のクラウド・コンピューティング企業に対して外国の顧客の身元確認強化を求める大統領令を出した。米国に対するハッキング行為を防ぐことが目的とされているが、そのタイミングや規模から、この命令が不確定な要素をはらんでいることが分かる。

トランプ前大統領による大統領令は商務省に対して、グーグルやマイクロソフト、アマゾンなどのテック大手が提供するインフラサービス(Infrastructure as a Service:IaaS)に関する顧客調査の新たな規定を、6カ月以内に策定するよう指示している。新たな規定では、外国の顧客にサービスを提供しているクラウド企業に対して、顧客の身元証明の最低基準や記録管理の要件を設定している。ハッカーが不正行為を働く前の隠れ蓑として利用することの多い、再販業者を通じたサービス提供も対象となる。

大統領令はトランプ大統領の任期最終日である1月19日の夜に出されたが、これは異例のタイミングだ。退任の直前というだけでなく、米国の政府機関や大企業が桁外れのハッキング攻撃を受けた後でもある。米国の情報機関は、これらのハッキング攻撃の背後に「ロシア政府の存在がある」と述べているが、ロシア政府は関与を否定している。ハッキングによる影響の全容については現在も調査中だ。

1月19日夜に発表された声明の中で、ロバート・C・オブライエン国家安全保障担当補佐官は、ファイア・アイ(FireEye)やソーラーウィンズ(SolarWinds)への侵害も含め、「米国企業を踏み台にした攻撃は、過去4年間のあらゆるサイバー事件につながっている」と述べた。だが今回のような規定によって、米国にいる外国人ハッカーの活動を実際に止められるかどうかは議論の的となるだろう。大統領令への署名は退任間際であり、効力を発揮するまでには数カ月かかるため、現在の形のまま存続するかどうかはジョー・バイデン新政権にかかってくる。トランプ前大統領が出した大統領令は、いずれもバイデン大統領によって取り消されたり、内容が変更される可能性がある。

人気の記事ランキング
  1. This classic game is taking on climate change 人気ボードゲーム「カタン」 新版で考えるエネルギー問題
  2. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #29 ブームから1年、次のトレンドを占う「生成AI革命3」のご案内
パトリック・ハウエル・オニール [Patrick Howell O'Neill]米国版 サイバーセキュリティ担当記者
国家安全保障から個人のプライバシーまでをカバーする、サイバーセキュリティ・ジャーナリスト。
日本発「世界を変える」U35イノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。2024年も候補者の募集を開始しました。 世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を随時発信中。

特集ページへ
人気の記事ランキング
  1. This classic game is taking on climate change 人気ボードゲーム「カタン」 新版で考えるエネルギー問題
  2. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #29 ブームから1年、次のトレンドを占う「生成AI革命3」のご案内
MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版

「ブレークスルー・テクノロジー10」は、人工知能、生物工学、気候変動、コンピューティングなどの分野における重要な技術的進歩を評価するMITテクノロジーレビューの年次企画だ。2024年に注目すべき10のテクノロジーを紹介しよう。

特集ページへ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る