KADOKAWA Technology Review
×
締切 迫る!【1/31まで】ひと月あたり1000円。
お得に購読できるキャンペーン実施中!
ドイツなど7カ国、EUのデジタル・ワクチン・パスポートを先行導入
Pexels | Emily Geibel
Seven EU countries just got a digital vaccine passport

ドイツなど7カ国、EUのデジタル・ワクチン・パスポートを先行導入

EUに加盟する27カ国が導入を予定しているデジタル・ワクチン・パスポートシステムを、ドイツなど7カ国が先行導入した。所持者が新型コロナウイルスのワクチン接種を完了しているか、感染症から完全に回復しているか、72時間以内に検査を受けて陰性であったことのいずれかを証明するもので、証明があれば旅行時に検査を隔離を求められることがないというものだ。 by Charlotte Jee2021.06.03

2021年6月1日、ドイツなど7カ国は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するデジタルワクチン・パスポートシステムの運用を開始した。ドイツのほかブルガリア、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、ギリシャ、ポーランドがパスポートを発行している。このパスポートは「デジタル・グリーン証明書(digital green certificate)」と呼ばれるもので、7月1日からは欧州連合(EU)加盟27カ国が運用を始める予定だ。パスポート所有者は、新型コロナのワクチン接種を完了している、新型コロナから完全に回復している、72時間以内の検査で陰性、のいずれかであることを発行者が証明する。証明があれば、旅行中に検査や隔離を要求されることはなくなる。

証明書はQRコードの形で届く。携帯電話に保存するだけでなく、印刷も可能だ。欧州委員会は、データはセキュリティとプライバシー保護のため、パスポートが必要なくなった後には廃棄されると説明する。

EUは世界の他地域に先駆けて、パンデミック後の世界を行き交う人々の移動を可能にしようとしている。EUは現在、今夏に域内を訪れる米国人旅行者のワクチン接種状況をどのようにしてチェックするか、米国と協議中だ。ただし、ワクチン・パスポートは、不平等を助長しかねないと心配する倫理学者やデータプライバシーの専門家に懸念を起こさせそうだ(その理由については、MITテクノロジーレビューに掲載しているこの問題についての記事を併せて読んでほしい)。

どちらにせよ、ワクチン・パスポートが米国内の旅行で、一般に受け入れられることは今のところなさそうだ。アラバマ州、アリゾナ州、フロリダ州、ジョージア州などいくつかの州は禁止している。米国初となる行政府発行のワクチン・パスポートである、ニューヨーク州の「エクセルシオール・パス(Excelsior Pass)」は100万回以上ダウンロードされた。しかしその数は、ワクチン接種を受けたおよそ900万人と比べるとほんの一部にすぎない。大多数の企業もまだ利用していない。

パスポートを先行導入した国も、廃止に向かいつつある。イスラエルは早くからワクチンパスポートを開始した国の一国だった。「グリーン・パス」はワクチンを接種済みであることを証明できる人に、レストランやスポーツイベントへの入場を許可することを狙ったものだ。しかしイスラエル全国でワクチン接種が進み、国内の新型コロナウイルス感染者数は2桁まで下がっている。イスラエルはすべての人の行動を完全に開放する方向に動いており、今週この証明書を廃止した

人気の記事ランキング
  1. Going bald? Lab-grown hair cells could be on the way 幹細胞技術で「髪」復活、究極の薄毛治療は実現するか?
  2. The worst technology of 2021 MITTRが選ぶ、2021年の「最低なテクノロジー」5選
  3. These are the most detailed photos yet of the far side of the moon 中国、過去最高解像度の「月の裏側」写真を公開
  4. Competitive e-cycling lets you be a champion from your apartment 盛り上がるeサイクリング、「お隣さん」が世界王者になる?
シャーロット・ジー [Charlotte Jee]米国版 ニュース担当記者
米国版ニュースレター「ザ・ダウンロード(The Download)」を担当。政治、行政、テクノロジー分野での記者経験、テックワールド(Techworld)の編集者を経て、MITテクノロジーレビューへ。 記者活動以外に、テック系イベントにおける多様性を支援するベンチャー企業「ジェネオ(Jeneo)」の経営、定期的な講演やBBCへの出演などの活動も行なっている。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Going bald? Lab-grown hair cells could be on the way 幹細胞技術で「髪」復活、究極の薄毛治療は実現するか?
  2. The worst technology of 2021 MITTRが選ぶ、2021年の「最低なテクノロジー」5選
  3. These are the most detailed photos yet of the far side of the moon 中国、過去最高解像度の「月の裏側」写真を公開
  4. Competitive e-cycling lets you be a champion from your apartment 盛り上がるeサイクリング、「お隣さん」が世界王者になる?
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5Cities Issue

新型コロナのパンデミックによって激変した都市生活は、ポストコロナでどう変わるのか? 都市部への人口集中が世界で加速する中、環境、災害、貧困といった負の側面をテクノロジーは解決できるのか? 多様な人々が集まり、化学反応が起きるイノベーションの集積地としての役割を都市は今後も果たし続けるのか? 世界の豊富な事例と識者への取材を通して、新しい都市の未来像を描く。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る