KADOKAWA Technology Review
×
ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!
アマゾン創業者も宇宙へ、ブルーオリジンが商業宇宙旅行に成功
AP Photo/Tony Gutierrez
宇宙 無料会員限定
Blue Origin takes its first passengers to space

アマゾン創業者も宇宙へ、ブルーオリジンが商業宇宙旅行に成功

アマゾンの創業者であるジェフ・ベゾスは7月20日、自身が所有する企業ブルーオリジンのロケットに乗り込んで宇宙旅行を成功させた。その10日前にはヴァージン・ギャラクティックの創業者が宇宙に到達しており、両社のフライトは宇宙旅行の未来に大きな足跡を刻んだ。 by Tatyana Woodall2021.07.21

7月20日の朝に発射されたロケットに搭乗したブルーオリジン(Blue Origin)の創業者ジェフ・ベゾスと3人の民間人は、青い空がどんどん暗くなっていくのを目撃した。そのときまさに、再利用可能なロケットとカプセルで構成される同社のシステム「 ニューシェパード(New Shepard)」は、地球の大気圏と宇宙空間との境界である「カーマンライン」を超えようとしていた。

米国東部時間の同日午前9時25分頃、 ベゾスをはじめとする乗組員は地球に無事帰還し、ブルーオリジン初の有人弾道飛行が成功裏に終了した。料金を支払った顧客に商業宇宙旅行を提供するという同社の試みにおいて、大きな一歩が刻まれた瞬間だ。

一方、宇宙旅行のライバル企業であるヴァージン・ギャラクティック(Virgin Galactic)は7月11日に、宇宙飛行機「スペースシップ2(Spaceship 2)」で同社の創業者、リチャード・ブランソンを宇宙へ送った。ブランソンと比較すると、ベゾスの旅には垂直方向の発射やパラシュート、軟着陸といった要素があり、米国航空宇宙局(NASA)のミッションをより強く彷彿させる。

フロリダ・スペース・インスティテュート(Florida Space Institute)のラモン・ルーゴII …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
【春割】実施中! ひと月あたり1,000円で読み放題
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る