KADOKAWA Technology Review
×
ディープマインド、人体のほぼ全てのタンパク質の構造をAIで予測
DeepMind
知性を宿す機械 無料会員限定
DeepMind says it will release the structure of every protein known to science

ディープマインド、人体のほぼ全てのタンパク質の構造をAIで予測

ディープマインドは、タンパク質の構造を予測するAIツール「アルファフォールド」を用いて、人体に存在するほぼすべてのタンパク質の形状を予測し、35万個のタンパク質構造を格納したデータベースを公開した。 by Will Douglas Heaven2021.07.27

2020年12月、ディープマインド(DeepMind)は、タンパク質の構造を予測する人工知能(AI)ツールである「アルファフォールド(AlphaFold) 」を使用して、生物学における50年越しの難問を解決し、生物学界を驚かせた。ロンドンに拠点を置く同社は7月15日に、アルファフォールドの全容を明らかにし、ソースコードを公開した。

今回、同社は、アルファフォールドを使用して、人体に存在するほぼすべてのタンパク質の形状を予測し、さらに、酵母、ミバエ、マウスなど、最も広く研究されている20種類の生物に存在する数十万ものタンパク質の形状も予測したと発表した。この飛躍的進歩により、世界中の生物学者が病気をより深く理解し、新薬を開発できるようになるかもしれない。

これまでのところ、このデータの宝庫には、新たに予測された35万個のタンパク質構造が格納されている。ディープマインドは、今後数カ月のうちに、さらに1億個以上のタンパク質の構造を予測し、公開する予定だという。これは科学的に知られているほぼすべてのタンパク質になる。

「タンパク質の折り畳みは、私が20年以上にわたって注目してきた問題です」と、ディープマインドの共同創業者であるデミス・ハサビスCEO(最高経営責任者)は述べる。「私たちにとって大きなプロジェクトでした。私たちがこれまでにした中で最も大きなプロジェクトです。そして、ある意味、最も刺激的なことです。なぜなら、AI以外の世界で最も大きな影響を与えるはずだからです」。

タンパク質はアミノ酸の長いリボンでできており、それらが複雑に絡み合って結び目を作っている。タンパク質の結び目の形を知ることで、そのタンパク質がどのような働きをするのかを解明できる。タンパク質の構造を知ることは、病気の仕組みを理解して新たな医薬品を開発したり、汚染公害や気候変動に取り組む上で役立つ生物を特定したりするためにも、非常に重要な …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 202110 Breakthrough Technologies

新型コロナウイルス・ワクチンの開発で脚光を浴びた「メッセンジャーRNA」技術から、人間並みの文章を自在に生成できる人工知能(AI)技術「GPT-3」、電気自動車(EV)普及の鍵を握る「次世代バッテリー」まで。MITテクノロジーレビューが選んだ「世界を変える10大テクノロジー」。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る