KADOKAWA Technology Review
×
「プライバシーのアップル」は児童ポルノ検出機能でどう変わるか?
Photo by Rebecca Harris on Unsplash
コネクティビティ 無料会員限定
Apple defends its new anti-child abuse tech against privacy concerns

「プライバシーのアップル」は児童ポルノ検出機能でどう変わるか?

アップルは、ユーザーのアイフォーン内にある児童性的虐待画像を検出する新しいテクノロジーを発表した。今年中に米国で導入する。同社はプライバシーは保護されると主張しているが、賛否両論が渦巻いている。 by Patrick Howell O'Neill2021.08.11

アップルは、45年の歴史の中でいくつかの象徴的な広告を誇ってきた。有名な1984年のマック(Mac)のスーパーボウル広告や、果敢な2019年の広告キャンペーンでは「あなたのアイフォーン(iPhone)で起こることは、あなたのアイフォーンから出ない(What happens on your iPhone stays on your iPhone)」とも約束した。

8月5日にアップルは、アイフォーン上で児童性的虐待コンテンツ(CSAM:Child Sexual Abuse Meterial)を検出する新しいテクノロジーを発表した。この発表によって突然、あなたのアイフォーンの中にあるものは、もはや必ずしもそこから出ないとは限らなくなくなったようだ。物議を醸しているこの新機能は、プライバシー、監視、そしてテクノロジーを利用した犯罪に関する懸念の核心を突くものだ。

アップルは、今回の新機能はプライバシーを保護しながら、同時に児童虐待を防止するとしている。しかし、批評家にとって最大の問題は、このテクノロジーが今日何をするかではなく、明日何になり得るかということだ。

アップルの新たなスキャン・テクノロジーは、世界中でさらに広範な監視を可能にするのだろうか? 各国政府は、それぞれの国でアイフォーン上のあらゆる種類の禁止コンテンツをスキャン(走査・検査)するようアップルに要求し始めるのだろうか?

アップルによれば、「ニューラルハッシュ(NeuralHash)」と呼ばれるこの新たな検出ツールは、アイフォーンに保存されている児童虐待の画像を復号せずに特定できるという。また、エラーの可能性を減らすために複数のチェックを実施してから、画像を全米行方不明・被搾取児童センター (National Center for Missing and Exploited Children:NCMEC)に、その後、司法当局に渡すという(例えばスキャナーは1枚の画像ではなく、複数の画像を検出する必要がある)。この機能は、今年中に米国で展開される予定だ。

https://twitter.com/SenBlumenthal/status/1423397902672662529

グーグル、マイクロソフト、ドロップボックスなどの大手クラウドサービスでは、すでに自社のサーバーに保存されているデータをスキャンして、児童虐待に関する情報を検出しているため、取り組み自体はまったく新しいものではない。違いは、アップルによるスキャンの一部が、アイフォーン本体で実行されることであり、アップルはこれがプライバシーを保護する新テクノロジーの決定的な特徴であると主張している。

8月6日に実施されたジャーナリストへの説明会で、アップルは、他のクラウドサービスでは、ユーザーがアップロードしたものをほぼすべてスキャンするのに対し、アップルのデバイス上でのスキャンは、読めないハッシュのみをアップルに送信することになっていると述べた。ハッシュとは、アップルではなく、NCMECが管理するデータベースに基づいた、児童虐待を描写した画像を識別するコードだ。

アップルはまた、この機能はアイクラウド(iCloud)に写真をアップロードする人にのみ適用されると説明している(アイフォーンでは自動アップロードが初期設定になっているが、無効にすることもできる)。現在、アイクラウドのアカウントは暗号化されていないため、司法当局はすでにそのアカウントを覗き見ることができる。

では、なぜアップルは他の大手テック企業と同じように、画像が携帯電話に保存されているときではなく、クラウドにアップロードされたときに画像をスキャンしないのだろうか?既存のテクノロジーをすぐに利用できるのに、なぜ新たに複雑なテクノロジーを構築するのだろうか?

アップルの次の一手

アップルが現在何をしているのか、そして次に何が起こるのか …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 202110 Breakthrough Technologies

新型コロナウイルス・ワクチンの開発で脚光を浴びた「メッセンジャーRNA」技術から、人間並みの文章を自在に生成できる人工知能(AI)技術「GPT-3」、電気自動車(EV)普及の鍵を握る「次世代バッテリー」まで。MITテクノロジーレビューが選んだ「世界を変える10大テクノロジー」。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る