エネルギー

Wind Fuels the North Sea’s Next Energy Boom 北ヨーロッパの風力発電は
政治的にクリーンではない

石油産業に代わって、巨大な洋上風力発電が北ヨーロッパに電気と利権を生み出す by Richard Martin2016.07.02

イギリス沖の石油・ガス産業の中心地、スコットランドのアバディーンは、長年にわたってエネルギー転換の渦中にある。北海が、石油を産出する海域から、洋上風力発電の世界的中心地に変わりつつあるのだ。

産業コンサルタント企業のウッドマッケンジーによれば、石油価格が1バレルあたり50ドルほどに低下したことに伴い、北海の50カ所もの油田・ガス田が今年閉鎖される可能性があるという。ウッドマッケンジーは、たとえ原油が1バレルあたり85ドルまで回復したとしても、石油会社は、北海の油田・ガス田を今後5年間で140カ所放棄しそうだと推定している。

対極をなすのが、洋上での風力発電用タービンの建設ブームだ。ヨーロッパは、2015年に洋上での風力発電容量を3ギガワット増加させたが、そのほとんどは北海での発電機の分だ。北海では、合計で約10ギガワットの設備容量に相当する約3000基の洋上風力発電タービンがすでに稼働している。毎年の増築分は2030年までの間に平均4ギガワットと見積もられ、60ギガワット以上の風力発電量をもたらすことが期待されている。洋上風力発電は現在、ヨーロッパの電力産生量の約1.5%をまかなっているが、ベルギーのブリュッセルに本拠地を置く業界団体WindEuropeによれば、この割合は2030年までに7%に上昇する。

さらに、計画の規模も拡大中だ。オランダ沖のジェミニ計画では、来年の計画完了時に合計600メガワットの発電量をまかなう150基のタービンを配備する予定だ。より大規模な計画も動いている。昨年末、イギリスのエネルギー・気候変動省は、