KADOKAWA Technology Review
×
アフガンに迫る現金危機、
銀行デジタル化も水泡に
AP Photo/Rahmat Gul
ビジネス・インパクト 無料会員限定
Afghanistan’s looming cash crisis threatens to worsen a humanitarian disaster

アフガンに迫る現金危機、
銀行デジタル化も水泡に

米国の撤退前、アフガニスタンは銀行業システムを現代化する寸前まで来ていたが、タリバンの支配により、すべてが台無しになってしまった。今、現地の金融情勢は混沌の真っ只中にある。 by Eileen Guo2021.08.25

アフガニスタンのバンキング・システムは崩壊状態にあり、国中の人々が資金に困窮している。この金融危機は、一つには国際社会がタリバンの財源を枯渇させようとしているためだが、アフガニスタン市民の日常に多大な影響を及ぼし、国連が人道的災害の拡大に警鐘を鳴らしていることからわかるように、多くの人が重要なサービスを受けられなくなっている。

以前、アフガニスタンの金融システムの現代化に携わっていたアセフ・ハデミは、今ではカブールに潜みアフガニスタン脱出を望む多くの人々の1人だ。しかし、その希望は急速に失われつつある。

「片っ端からドアを叩き、メールをみんなに送って、この国から出られるかどうか見極めようとしています」とハデミは言う。

ハデミは、この3年半、国際的な財政支援によるプロジェクトで、デジタル通貨・銀行業を人々の生活にもたらす仕事をしていたので、恐れている。アフガニスタン決済システム(APS:Afghanistan Payments Systems)は世界銀行の資金提供により2011年に創設され、2年前にアフガニスタン中央銀行の一部となった。

これは重要なプロジェクトだった。アフガニスタンの経済は現金で動いており、国民のおよそ10%から15%しか銀行口座を持っていない。アフガニスタン決済システムは、アフガニスタンが現金への依存を減らし、経済取引をより確実で効率的にし、真の銀行業をより多くの人が利用できるよう支援することを目指していた。米軍が撤退してタリバンが引き継ぐ前まで、事はどんどん進んでいたと、ハデミは述べる。

現在、アフガニスタンで混乱が広がり続ける中で、プロジェクトは停止してしまった。他のどんな実行可能な代替案があったとしても、それが実施される前に、現金が底をつきつつある。

しかし、違う未来が手の届くところにあったのだとハデミは言う。アフガニスタンはおそらく、あと1、2年で、たとえ現金が消えても対処できる、21世紀のデジタル式銀行業のインフラを整えられるところまで来ていた。彼のチームは「とても献身的で、熱心に働き」、急成長を支えるために、日に最長で17時間働くこともよくあったとハデミは言う。「自国の経済的自立について、とても情熱を抱いていました」。

「私たちの努力が実を結ぶことを願っていました」と、ハデミは涙ながらに述べる。「私たちがしたことすべてが、無駄だったようです。夢のような気がしますが、決して実現することはないでしょう」。

凍結された資産

今回の金融危機は偶発的に起こったのではない。アジマル・アフマディ前中央銀行総裁によると、先のアフガン政府の資産のほとんどは海外の預金口座に保有されており、その後タリバンが入手できないように凍結された。米国は、財務省の制裁リストに載っているタリバンに他の資金も手に入れさせない決定をし、アフガニスタン政府の手元資金を凍結し、予定されていた現金輸送も中止した。この先、現金が尽きてしまうと心配した市民が銀行で長い列をなしているが、多くのアフガン人はそういった状況を何週間前から予想していた。

ATMによる …

米国の撤退前、アフガニスタンは銀行業システムを現代化する寸前まで来ていたが、タリバンの支配により、すべてが台無しになってしまった。今、現地の金融情勢は混沌の真っ只中にある。
こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 202110 Breakthrough Technologies

新型コロナウイルス・ワクチンの開発で脚光を浴びた「メッセンジャーRNA」技術から、人間並みの文章を自在に生成できる人工知能(AI)技術「GPT-3」、電気自動車(EV)普及の鍵を握る「次世代バッテリー」まで。MITテクノロジーレビューが選んだ「世界を変える10大テクノロジー」。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る