KADOKAWA Technology Review
×
宇宙探査の「次の10年」を
人工知能は占えるか?
Ms Tech
ビジネス・インパクト 無料会員限定
This AI could predict 10 years of scientific priorities—if we let it

宇宙探査の「次の10年」を
人工知能は占えるか?

全米アカデミーズの「天文学・天体物理学の10カ年計画」は、次の10年間に向かうべき宇宙探査の方向性を決定づけるものだ。作成にあたっては研究者から提出された膨大な提案を専門家が選別する必要があるが、プロセスを効率化するために人工知能(AI)の活用を提案する研究チームがある。 by Tatyana Woodall2021.10.17

米国の天文学者は10年ごとに難しい決断を下さなくてはならない。全米アカデミーズが作成する「天文学・天体物理学の10カ年計画(Decadal Survey on Astronomy and Astrophysics)」と呼ばれる計画によって、天文学・天体物理学分野における次の10年間の科学的な優先順位が決定されるからだ。

「10カ年計画」は1960年代初頭以降、宇宙探査の大きな飛躍を支える土台となってきた。今秋には、「アストロ2020(Astro2020)」と呼ばれる7回目の報告書の発表が予定されており、科学界や資金提供機関、さらには米国議会も、この報告書を参考にして今後資金と時間を投じる大型プロジェクトを決定する。

これまでの報告書では、大型宇宙望遠鏡の建設や打ち上げ、超新星やブラックホールのような極限現象の研究などの重要プロジェクトが発表されてきた。前回の「アストロ2010(Astro2010)」報告書では、ダークエネルギーの性質にまで踏み込んでいる。

「10カ年計画」は科学者間の合意に基づく調査研究であり、プロジェクトの検討を希望する研究者は1年以上前に提案書を提出する必要がある。すべての提案が検討され、そのすべて(今回は500件以上)が一般に公開されている。

今年議論されたトピックは、木星の衛星探査から、千年に一度の小惑星「アポフィス(Apophis)」の地球接近に備えた防衛戦略の構築まで、多岐にわたる。一方、ペールブルー・ドット (地球)の詳しい探査を提案する研究者もいた。

調査委員会は多くの小規模な分科会からの意見を受け、膨大な量の情報を考慮して研究戦略を作成する。米国航空宇宙局(NASA)への最終勧告が発表されるまでの期間、科学者たちはどの研究テーマが採用され、除外されるのかを知りたくてうずうずしている状況だ。

「10カ年計画は宇宙における人類の発見の未来を、NASAがどのようにリードしていくのかを決定するのに非常に役立ちます。そのためにも、十分な情報を伝えておくのはとても重要です」。カリフォルニア大学サンタクルーズ校のブラント・ロバートソン教授(天文学・天体物 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5Cities Issue

新型コロナのパンデミックによって激変した都市生活は、ポストコロナでどう変わるのか? 都市部への人口集中が世界で加速する中、環境、災害、貧困といった負の側面をテクノロジーは解決できるのか? 多様な人々が集まり、化学反応が起きるイノベーションの集積地としての役割を都市は今後も果たし続けるのか? 世界の豊富な事例と識者への取材を通して、新しい都市の未来像を描く。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る