KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
The Curious Case of Cockroach Magnetization

死んだゴキブリは生きたゴキブリと磁気特性が違うと判明

生きたゴキブリと死んだゴキブリの磁気特性に大きな違いがあることが研究結果で明らかになった。新たな磁気センサーの開発に応用できる可能性がある。 by Emerging Technology from the arXiv2017.02.10

磁場を検出して方角を確認し、自分の位置を把握している生物といえば鳥類が有名だが、ゴキブリにも同様の能力があることはあまり知られていない。研究対象に選ばれたワモンゴキブリを磁場の中へ置くと、たちまち磁化してしまうのだ。

ワモンゴキブリがこの能力をどう使っているのかはまだ不明だが、生物の磁覚能力の理解が進めば、マイクロ・ロボットのナビゲーション機能等に役立つ優れたセンサーの開発につながる、と多くの研究者は考えている。

だがセンサーを開発するには、ゴキブリがどう磁場を感知し、自分の体を磁化しているのか、もっと詳しく理解する必要がある。

ワモンゴキブリの磁化に関する研究を発表したのは南洋理工大学(シンガポール)のコン・リンユン研究員のチームだ。研究チームは驚きの発見をした。生きたゴキブリの磁気特性は、死んだゴキブリと大きく違うというのだ。また、その理由として考えられる説も提示している。

実験はいたって単純だ。研究チームは、生きたゴキブリと死んだゴキブリを1.5キロガウスの磁場(冷蔵庫に貼る磁石の100倍強力)の中に入れ、20分間放置し、どれだけゴキブリが磁化したかを測定した。また、磁気がどれだけ持続したかも測定した。

結果は、なかなか興味深い。外場(external field)から取り出した直後は、ゴキブリが生きていても死んでいても磁場を簡単に測定できたが、生きたゴキブリの磁場が約50分後に消滅したのに対し、死ん …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント