KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Data Mining Reveals the Rise of ISIS Propaganda on Twitter

ISIS台頭の理由がTwitterデータマイニングで判明

ツイッターはテロ組織「イスラム国(ISIS)」を支持する2万5000アカウントを閉鎖した。ツイートの分析により、ISISがどのように過激な暴力的メッセージによって台頭したかがわかった。 by Emerging Technology from the arXiv2017.02.13

米軍がイラクから撤退し、民衆が蜂起したシリアが混沌に陥る中、多くのグループがさまざまな宗教的、政治的、軍事的計画を進めていった。その中で、あるグループが狂信的な宗教イデオロギーとセクト主義、過激な暴力により、地域を支配するまでに成長した。

「ISIS(イラク・レバントのイスラム国)」と呼ばれるグループは、スンニ派の原理主義的教義を信奉する軍事組織だ。ISISは2014年にカリフの地位を自ら宣言し、全イスラム教徒に対する宗教的、政治的、軍事的権限を主張した。ISISは、軍事活動によって多くの戦争犯罪と人権侵害を犯しながら、イラクとシリアにまたがる広大な地域を支配下に置いていった。

ISISが急速に権力を握った背景にある一因には、ソーシャル・メディア(特にTwitter)を使って思想を拡散させたことがある。ここから興味深い疑問を沸いてくる。ISISのメンバーとその同調者はTwitterで何を話したのだろうか? ISISのメッセージに強い影響力があったのはなぜだろうか?

2月10日、南カリフォルニア大学(ロサンゼルス)に所属するアダム・バダウィ研究員とエミリオ・フェラーラ助教授によって答えがわかった。ふたりはISISメンバー2万5000人がTwitterに投稿した約200万のメッセージを分析し、過激派組織によるソーシャル・メディアの活用方法と、メッセージがなぜ急速に拡散したのかの重要な本質を明らかにしたのだ。

Twitter上のISIS同調者を特定することは、特に多くがアラビア語の会話であるため、簡単な作業ではない。そこで2015年、匿名の活動家集団がTwitter上のISIS関連のアカウントを手作業で特定していった。

自称「ラッキー・トロル・クラブ」は、ISISと特定した全アカウントをツイッターに報告した。ツイッターは通報されたアカウントを自社で調査し、テロ活動に関係していた2万5000アカウントを停止した。

バダウィ研究員とフェラーラ助教授は、停止処分になった2万5000アカウン …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント