KADOKAWA Technology Review
×
発表!MITテクノロジーレビューが選ぶ
2022年のイノベーター14人。
【12/15 Summit開催】
AudioMook: Sprouts of Innovation Left Behind by the Pandemic

聴くMITTR:パンデミックが残したイノベーションの萌芽

今週のオーディオ・ムック(β)では、今回のパンデミックを機に生まれたイノベーションとして、変異株追跡と新型コロナ経口薬の誕生の舞台裏を紹介する。 by MIT Technology Review Audio Studio2022.08.02

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは、多数の死者を出すとともに、人々の生活にも多大な影響を与え、世界に暗い影を落とした。その一方、このパンデミックを機に、公衆衛生の分野では多くのイノベーションが生まれた。mRNAワクチンはその代表的なものだが、それだけではない。ごく短期間で開発された飲み薬、変異株を追跡する監視網など、次のパンデミックへの備えとなる技術の芽も息吹いている。

今週のオーディオ・ムック(β)では、今回のパンデミックを機に生まれたイノベーションとして、変異株追跡と新型コロナ経口薬の誕生の舞台裏を紹介する。

MITテクノロジーレビューは毎週、旬のテーマを設定し、編集部がピックアップした記事を「オーディオ・ムック(β)」として音声化してお届けします。家事や運動をしながら、通勤しながら、手がふさがっていても記事が読める「聴く」MITテクノロジーレビューをお楽しみください。

なお、本コンテンツは音声合成技術で作成しているため、一部お聞き苦しい点があります。ご容赦ください。バックナンバーはこちら。感想は@techreviewjp まで。

今週の収録記事

新型コロナ変異株追跡、 試されたゲノム解析の真価

新型コロナウイルスのゲノム研究は、新しい変異株に対する対応策を実施するのに役立っている。パンデミックによって欧米だけではなく、アフリカや南アメリカにもゲノム・シーケンシングの手法が広がり、成果をあげている。そして、さらに世界を救う可能性を秘めている。

新型コロナ飲み薬 ワクチンだけじゃない 「最速誕生」の舞台裏

異例のスピードで進んだ新型コロナ・ワクチンの開発が注目を浴びる一方で、ファイザーは飲み薬の開発も急ピッチで進めていた。新しい次のパンデミックへの備えにもつながる可能性がある。

人気の記事ランキング
  1. Here’s how a Twitter engineer says it will break in the coming weeks ツイッターで「非公式RT」が一時復活、崩壊の始まりか
  2. NIHONBASHI SPACE WEEK 2022 12月第3週は日本橋に注目、アジア最大級の宇宙ビジネスイベント
  3. Former Twitter employees fear the platform might only last weeks 「ハードコア」大量離職で、元従業員らがツイッターに余命宣告
  4. We could run out of data to train AI language programs  大規模言語AIにアキレス腱、訓練用データが2026年にも枯渇か
MITテクノロジーレビュー オーディオ・スタジオ [MIT Technology Review Audio Studio]日本版 オーディオ・スタジオ チーム
MITテクノロジーレビューは毎週、旬のテーマを設定し、編集部がピックアップした記事を「オーディオ・ムック(β)」として音声化してお届けします。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Here’s how a Twitter engineer says it will break in the coming weeks ツイッターで「非公式RT」が一時復活、崩壊の始まりか
  2. NIHONBASHI SPACE WEEK 2022 12月第3週は日本橋に注目、アジア最大級の宇宙ビジネスイベント
  3. Former Twitter employees fear the platform might only last weeks 「ハードコア」大量離職で、元従業員らがツイッターに余命宣告
  4. We could run out of data to train AI language programs  大規模言語AIにアキレス腱、訓練用データが2026年にも枯渇か
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8脱炭素イノベーション

2050年のカーボンニュートラル(炭素中立)の実現に向けて、世界各国で研究開発が加速する脱炭素技術、社会実装が進む気候変動の緩和・適応策などGX(グリーン・トランスフォーメーション)の最新動向を丸ごと1冊取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る