KADOKAWA Technology Review
×
12月第3週は日本橋に注目、アジア最大級の宇宙ビジネスイベント
NIHONBASHI SPACE WEEK
お知らせ 「お知らせ」はMITテクノロジーレビューの広告主および選定パートナーによって提供されています。
NIHONBASHI SPACE WEEK 2022

12月第3週は日本橋に注目、アジア最大級の宇宙ビジネスイベント

昨年6000人を動員したアジア最大級の宇宙ビジネス・イベント「NIHONBASHI SPACE WEEK(日本橋スペースウィーク)」が、2022年12月12日から16日にかけて開催される。 by MIT Technology Review Brand Studio2022.12.02Promotion

6000人を動員したアジア最大級の宇宙ビジネス・イベント「NIHONBASHI SPACE WEEK(日本橋スペースウィーク)」が、今年も東京・日本橋にやってくる。2022年12月12日から16日にかけて、合計10もの関連イベントが日本橋周辺のホールなどで開催される予定だ。

主催は、三井不動産。同社は2018年ごろから、宇宙ベンチャーや宇宙機関などを日本橋周辺に誘致。宇宙関連ビジネスの集積と産業活性化を目指すプロジェクト「X-NIHONBASHI(クロス・ニホンバシ)」を立ち上げ、シェアオフィスやイベントスペースなどの「場」を整備するとともに、各種関連イベントなどの「機会」を提供してきた。

その集大成として昨年初めて開催されたのが、NIHONBASHI SPACE WEEKだ。昨年はコロナ禍にもかかわらず延べ6000人が参加し、宇宙ビジネスのキーパーソンたちが一堂に会する機会となった。

  2倍に規模拡大した宇宙ビジネス展示会、IU35イベントも

昨年の展示会場の様子

昨年のピッチ会場の様子

2年目となる今年の目玉は、大幅に規模を拡大した展示会だ。「TOKYO SPACE BUSINESS EXHIBITION 2022」として、12月12日から14日の3日間、日本橋三井ホールと室町三井ホール&カンファレンスの2会場で開催される。昨年の2倍となる40区画を用意し、有力宇宙ベンチャーや各種関連団体、地方自治体などが出展する。会場内にはステージも用意され、出展企業のピッチや学会シンポジウムなどの「聴く」コンテンツも目白押しだ。

展示会場の外に目を向けると、内閣府主催のビジネスアイデア・コンテスト「S-Booster 2022」の最終選抜会(12月15日、日本橋三井ホール)、宇宙ビジネス推進団体のSPACETIDEによる交流イベント「SPACETIDE 2022 YEAR-END」(12月16日、室町三井ホール)、就職支援イベント「Mynavi Space Job Fair 2022」(12月13日、X-NIHONBASHI TOWER)などがある。

グローバル化も今年の注目のポイントだ。X-NIHONBASHI、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、UK Space Agency(UKSA)、駐日英国大使館の共催による「X-NIHONBASHI Global Hub’22」(12月15日、X-NIHONBASHI TOWER)では、英国宇宙ビジネス通商使節団7社によるプレゼンテーション、日英の宇宙機関によるディスカッションなどが予定されている。

また、12月15日には、MITテクノロジーレビューが、「Innovators Under 35 Japan」の今年の受賞者をお披露目する「Innovators Under 35 Japan Summit 2022 in Nihonbashi」を室町三井ホールで開く。宇宙開発を含む、ディープテック分野の若手イノベーター14人が自らの活動内容をプレゼンテーションするほか、審査員による特別講演などが予定されている。

米宇宙財団の報告によると、世界の宇宙産業は2021年には4960億ドル規模となり、この6年で1.5倍に成長したという。成長を牽引するのが、ベンチャーを中心とする民間企業だ。成長著しい宇宙産業はいまどこに向かっているのか? 12月第3週は、キーパーソンが集う日本橋で、その最新動向を収集するのがよさそうだ。

展示会などの多くのイベントへの参加は無料だが、事前の参加登録が必要だ。詳しくは公式サイトを確認してほしい。

人気の記事ランキング
  1. These scientists used CRISPR to put an alligator gene into catfish ワニの遺伝子を組み込んだ「CRISPRナマズ」が米国で誕生
  2. People are already using ChatGPT to create workout plans チャットGPTはパーソナルトレーナーになるか? 実際に試してみた
  3. Why EVs won’t replace hybrid cars anytime soon トヨタの賭け、EV一辺倒ではなくハイブリッド車を売り続ける理由
  4. What’s next for batteries リチウムイオン以外の選択肢は台頭するか? 23年の電池業界を占う
  5. Inside Japan’s long experiment in automating elder care 高齢者介護を「自動化」する 日本の長い実験
MITテクノロジーレビュー ブランドスタジオ [MIT Technology Review Brand Studio]日本版 ブランドコンテンツ制作チーム
MITテクノロジーレビュー ブランドスタジオ
2023年のテクノロジー大予測

2023年のテクノロジーはどう動くのか? AIから量子コンピューター、宇宙開発、mRNAワクチンまで、重要トレンドをMITテクノロジーレビューが徹底予測。各分野の専門家や有力プレイヤーへの取材をもとに、技術・資金・政策などの多角的な視点で解説する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. These scientists used CRISPR to put an alligator gene into catfish ワニの遺伝子を組み込んだ「CRISPRナマズ」が米国で誕生
  2. People are already using ChatGPT to create workout plans チャットGPTはパーソナルトレーナーになるか? 実際に試してみた
  3. Why EVs won’t replace hybrid cars anytime soon トヨタの賭け、EV一辺倒ではなくハイブリッド車を売り続ける理由
  4. What’s next for batteries リチウムイオン以外の選択肢は台頭するか? 23年の電池業界を占う
  5. Inside Japan’s long experiment in automating elder care 高齢者介護を「自動化」する 日本の長い実験
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.9
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.9量子時代のコンピューティング

グーグルやIBMなどの巨大テック企業からベンチャーまで、世界的な開発競争が加速する「量子コンピューター」を中心に、コンピューティングの動向を取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る