KADOKAWA Technology Review
×
オープンAIのCEOが語る「DALL-E2」から学んだこと、これからのこと
Getty
知性を宿す機械 無料会員限定
Sam Altman: This is what I learned from DALL-E 2

オープンAIのCEOが語る「DALL-E2」から学んだこと、これからのこと

GPT-3やDALL-E 2を生み出したAI企業、オープンAI(OpenAI)のサム・アルトマンCEOにインタビュー。革新的な画像生成モデルから得た3つの教訓と、オープンAIが今後目指す方向性を語った。 by Will Douglas Heaven2022.12.22

サンフランシスコを拠点とするオープンAI(OpenAI)のサム・アルトマン最高経営責任者(CEO)は、2015年にイーロン・マスクらとオープンAIを共同設立して以来、同社の中心的存在であり続けている。人工知能(AI)の未来と、そこにたどり着く方法に対するアルトマンCEOのビジョンは、オープンAIだけでなく、一般的なAI研究の方向性にも影響を与えてきた。オープンAIは2020年にGPT-3を発表し、大規模言語モデル時代の到来を告げた。そして2022年、画像生成モデル「DALL-E 2(ダリー2)」のリリースによって、AIにおける重大な議題を再び設定した。

4月に安価な料金設定による招待制で提供が始まって以来、DALL-E 2は創造性とイノベーションの爆発をもたらし、それは現在も続いている。すぐに、他のモデルが続々とリリースされた。より優れていたり、自由に使えたり、応用できたりするモデルだ。しかし、始まりはDALL-E 2からだ。AI分野だけでなく、今後数年にわたって社会や文化にも痕跡を残す1年の、最初の驚愕の瞬間をDALL-E 2がもたらしたのだ。アルトマンCEOが認めているように、影響はポジティブなものだけではない。

DALL-E 2から何を学んだか? アルトマンCEOに尋ねた。「次の10年がAIにとってどのようなものになるのか、一連の重要な教訓があると思っています」とアルトマンCEOは話す。

なお、この記事は、発言の趣旨を明確にし、長さを調整するため、編集されている。

以下は、サム・アルトマンCEO自身が語った内容だ。

1.DALL-E 2が大きな影響を及ぼした理由

写真のようなリアルな画像を生成する能力において、DALL-E 2は限界を超えたと思います。それだけではなく、写実的ではない画像についても、作成の意図を十分に理解し、物事を新しい方法で組み合わせ、知性を感じさせるものを作り出します。DALL-E 1にはなかったことです。 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
2023年のテクノロジー大予測

2023年のテクノロジーはどう動くのか? AIから量子コンピューター、宇宙開発、mRNAワクチンまで、重要トレンドをMITテクノロジーレビューが徹底予測。各分野の専門家や有力プレイヤーへの取材をもとに、技術・資金・政策などの多角的な視点で解説する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.9
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.9量子時代のコンピューティング

グーグルやIBMなどの巨大テック企業からベンチャーまで、世界的な開発競争が加速する「量子コンピューター」を中心に、コンピューティングの動向を取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る